うちの子“説明が苦手なんです”の解消法

 

『説明練習』にふさわしいものは、問題集よりも家の中にある

 

ペーパーがない学校では、試験本番時に『言葉で説明する力』が求められます。

ペーパーがある学校でも、口頭試問時に『言葉で説明する力』が必要です。

なので『説明が上手』であることは小学校受験において、かなりのアドバンテージになります。

 

ですが、幼児期のお子さまで『説明が抜群に上手な子』はあまりいません。どうしてでしょうか?理由は簡単です。『説明練習』にあまり時間を割いていないからです。

 

なぜ『説明練習』に時間を割かないのでしょうか?
それにふさわしい問題集がないからです。
それにふさわしいカード教材がないからです。

 

でもちょっと待ってください。
『説明練習』は問題集やカード教材がないとできないのでしょうか?

 

そんなことはありません。
問題集やカード教材よりも『説明練習』にふさわしいものが家の中にはあふれています。

 

たとえば、台所回り
たとえば、机回り
たとえば、リビングのいたるところ

 

タワシ、まな板、セロテープ、お父さんのゴルフクラブ…
それ等を使って『説明練習』を行います。

 

これらについて“知っていることをお話してください?”の問いかけから始まります。

 

お子さまが、答えに詰まってしまったら…
そうです「5W1H法」の登場です!!

 

『5W1H「いつ(When)、どこで(Where)、 だれが(Who)、なにを(What)、なぜ(Why)、どのように(How)」という6つの要素』を用いて質問を繰り返しましょう。

 

例えば、靴を洗う時のタワシ

□「いつ使いますか?」
→「掃除の時です」

□「誰が使いますか?」
→「お母さんがよく使っています」

□「どこで使いますか?」
→「お風呂場で使っています」

□「どんな風に使っていましたか?」
→「こうやって、こんなふうに、力を入れて、ごしごしと」(動作もありです!!ものすごく表現が生き生きしてきます)

□「何をごしごししていましたか?」
→「私の幼稚園の上履きです」

□「どうしてですか?」
→「きれいにするためです」

 

どうですか!?

「言いなさい!」
「はやく!」
「ほら!」

といった声掛けよりも、実に実にスムーズに話せるようになります。
説明が上達します

 

「5W1H法」で繰り返し質問をすると

1ヶ月もすると、“いつ、どこで、だれが”から話し始めることができるようになります。

質問されなくても、「5W1H」を意識して説明ができるようになります。

いつの間にか、「説明の達人」になっています!!

 

お茶の水小、竹早小、大泉小志望の方は
是非とも、お試しください

 

感謝の意を込めまして  ちきゅうまるの神山でした