どんな場面でも、一番役に立つのは、先輩方が行ったベストな対処法

「“小金井小・大泉小合格” 本番模倣講座」 本番までの流れを報告します。

 

「“小金井小・大泉小合格” 本番模倣講座」は、

①9月から10月にかけて「A講座」が行われます
②10月に「B講座」が行われます。
③そして、いよいよ、模倣講座の集大成として、「C講座」が、11月に行われます。

 

「A」→「B」→「C」→「本番」の流れで、お子さまの良き所をすべて出し切るようにします。

 

「A講座」は、ペーパー、運動、口頭試問
「B講座」は、ペーパー、製作、行動観察
「C講座」は、ペーパー、製作、運動、行動観察、口頭試問

 

「模倣講座」で学ぶべき、「一番大切」なこと

それは、「ペーパーテクニック」ではありません。
「運動能力の向上」でもありません。

勿論、それらも、指導します。

製作におけるコツだって、口頭試問のやり方だって伝えます。

でも、それよりも大事なことを、3回の講座を通して伝えます。

 

それは、「本番時に起こる可能性のある様々な事柄に対する「対処」の仕方や「立ち居振る舞い」です。

 

□「お友だちに話しかけられたとき」

□「静かに待っていなさいと言われたとき」

□「指示が一度にいくつか出されたとき」

□「お約束を言われたとき」

□「思わぬ失敗をしてしまった時」

それら、起こりうること、全てを想定して、先輩方が行った、「ベストな対処法」を、3回の講座を通じて、皆さまのお子さまに伝授する、それが「小金井小・大泉小合格 模倣講座」です。

 

 

【“小金井小・大泉小合格”本番模倣講座A】

【日時】9月30日(日)9時~11時
【場所】中野
【定員】12名
【講習費】8,000円(税込み)
【講師】神山
【受付開始】9月2日(日)の10時からです。
※B講座とは、内容が異なります。