なぜ、国立小は、「行事」に力を入れるのでしょうか?

行動観察成功の秘訣は、日々の生活の中にあり

 

 

皆さん、家族全員で、幼稚園や保育園の行事に、

全力で取り組んでいますか?

全力で支援していますか?

 

 

家族全員で」

ここがポイントです。

 

 

参加型行事であれば、出来る限り、参加しましょう。

そうでない行事であっても、いつも、興味関心を寄せましょう

お子さまが、取り組む姿をひたすら支援し、家族全員が応援していることを、身をもって伝えてください。

 

 

国立小が、「行事」に力を入れているのは周知の事実です。

ですが、なぜ、国立小は、「行事」に力を入れるのでしょうか?

そして、なぜ、国立小は、「行事」に対しての支援・協力を保護者の方々に求めるのでしょうか?

 

 

それは、

行事を行うことで、子どもたちが、間違いなく、確実に、成長するからではないでしょうか?

その成長は、お母さま、お父さまの支援で、より一層助長されるからではないでしょうか?

 

 

そうなのです。

幼児期の「成長」は、思うよりも、はるかに身近なところにあります。

日々の生活の中にあると言っても過言ではありません。

 

 

そのことが、国立小の先生方は、よくわかっています。

だから、国立小受験時の「行動観察課題」では、決して、複雑で高度で、難解なものを求めようとはしないのです。

 

 

「国立小の行動観察の評価」のほとんどが、以下のもので構成されています。

 

□姿勢を整えて、しっかりと指示を聞くことができた

□きちんと片づけることができた

□だらだらしないで、メリハリのある動きで取り組めた

□グループの人とコミュニケーションをとることができた

□楽しみながら、目的に向かって行動することができた

□お約束をまもることができた

□使用したものに対して丁寧な扱い方ができた

 

どれもこれも「生活習慣の力」に根ざしたものばかりです。

普段の「家庭での生活」や「園での生活及び行事」を、いかに大事に過ごすことが重要であるかがわかります。

 

 

それらに一生懸命に取り組むことこそが、真の「国立小学校の行動観察対策」です。

講習会に通うよりも有益である場合が多々あるはずです。

 

 

講習会よりも、模試よりも、何よりも優先すべきこと、それは園の行事であり、その根幹をなす園生活であり、普段の生活であります。

 

 

皆さまのお子さまは、「受験生」である前に「園児さん」なのです。

そして、皆さまの「かわいい子」なのです。

 

 

普段の生活を大事にして

園での生活を大事にして

家族のイベントや、園での行事に、家族全員で取り組んでください

 

 

それでも、時間に余裕がある

まだまだ、気持ちにゆとりがある

お子さまが、さらなる成長を求めて、次の扉をノックしようとしている

 

 

そんな時は、ちきゅうまるの講座にいらしてください!!

大・大・大歓迎です!!

 

 

普段の生活は、主食

ちきゅうまるの、講座や教室は、サプリメント

 

 

バランスよくとりましょう!!

 

 

 

 

5月、6月開催の「オールインワン180ステップ2」の行動観察では、お茶の水女子大学附属小学校などで過去に出題された、「集団絵画」にチャレンジします。

 

「やってはいけないこと」を例に出しながら説明し、立ち居振る舞いを整えていきます。

ご期待ください!!

 

 

 

ちきゅうまるの「オールインワン180講座ステップ2」

 

 

■A:5月20日(日)の10時~13時

場所:池袋

講師:神山

対象:年長の皆さん

定員:15名くらい

講習費:11,500円(税込み)

 

■B:5月27日(日)の14時~17時

場所:三軒茶屋

講師:藤田先生

対象:年長の皆さん

定員:10名くらい

講習費:11,500円(税込み)

 

■C:6月9日(土)の9時15分~12時15分

場所:吉祥寺

講師:神山

対象:年長の皆さん

定員:12名くらい

講習費:11,500円(税込み)

 

■D:6月24日(日)の10時~13時

場所:池袋

講師:神山

対象:年長の皆さん

定員:15名くらい

講習費:11,500円(税込み)

 

 

全て同じ内容です。

1つ、ご都合のよろしい日をお選びになって、是非とも来てください。

 

なんと、2ヶ月にわたる、ロングランでの開催です!!

 

 

1人でも多くのお子さまと、一緒にお勉強がしたい!!

 

ちきゅうまるは、いつも、そう願っています。

 

 

受付は!!

4月24日(火)の10時です!!

 

 

 

 

 

 

ただし…

 

 

 

 

わたしたちは、にんげんです

 

 

親も子も、園での生活に、悩むこともあるでしょう

家庭での親子関係に戸惑うこともあるでしょう

 

 

園での生活を考えれば、考えるほど、胸が苦しくなることもあるかもしれません

(私にもありました)

家庭での、子どもの情緒のふり幅の大きさに、悩むこともあるでしょう

(私にもありました)

 

そんなときも、

先程の話とは、何だか矛盾するようですが、ちきゅうまるにいらしてください。

 

 

解決はできないかもしれません。

でも、いつでも、だれのことであっても、

 

 

わたしたちは、親子を、家族を、応援しています。

 

頑張っている家族

楽しい家族

少し元気がでない家族

どのような形であっても、少しでもお力になれるように、頑張ります。