珍事件続出!!「動詞カルタ大会」

 

聞いたことと、見ているものを一致させる能力を養う

 

授業で、「動詞カルタ」を行いました

 

「ページをめくる
「花を摘む
「鉛筆を削る

といった

 

「動きのある言葉(動詞)」を、わたしが言い

子どもたちは、その言葉にふさわしいイラストのカードをとります

 

そうです!!
「カルタの要領」で、
競い合うようにして取るのです

 

盛り上がりました!!

 

□たくさん取れる子

□わかってはいるけれど、手が動かない子

□わかってないけど、何かしらとってみる子

 

珍事件続出でした!!

 

「毛糸でセーターを編む」や「焚火にあたる」は、もはやイラストを見せて、説明しても、子どもたちの頭の中は、「?」でいっぱいになっていました

 

「大根を抜く」と「サツマイモを掘る」の違いに、
混乱をきたすお子さまも!!

 

「聞いたこととイラストを一致させる」
これって、ペーパー学習の「基本中の基本」です

 

「動詞カルタ」で、この能力を養うのには大いにありかもしれませんね!!

 

 

 

 

真夏の「ペーパーマラソン」でも、
「動詞カルタ大会」をやろうかな…

 

真夏の「ペーパーマラソン」の、
内容は、ブログを通して
発表いたします

 

□気分を変えて勉強してもらいたい
□ちょっとだけでいい、自分の時間が欲しい
□夏休み中に、ペーパーの理解を深めたい
□「たのしかった!!」と言って帰ってきてほしい

 

そのような皆さまに
お勧めな「預かり型講座」
それが、「ペーパーマラソン」です!!

 

一つのテーブルに
「講師がひとり+子どもが3人」

 

□隣の子は、ちぎっている
けれど、ぼくは、「分類計数」15枚目!!

□隣の子は、鏡映像やっているみたい
けれど、わたしは、「回転図形」を10分間!!

□隣の子は、先生に教えてもらっている
けれど、わたしは、「ちぎりタイム」!!

 

“やることは、ばらばら
“やる量も、ばらばら

 

“教えてもらうもよし
“黙々と取り組むもよし

 

そんな、真夏の「ペーパーマラソン」で
皆さまのお役に立てるといいな
そんな思いのもとに準備中です!!