大城先生 珠玉の名言集

 

1年365日、24時間、年中無休で、子育てに悪戦苦闘している、そんな私は、いつも大城先生の言葉から「子育てのヒント」や「子育てに関する道標」をいただいています。

おかげさまで、こんな私ではありますが、何とか綱渡りのような子育てライフを続けることが、どうにかこうにかできています。

そんな大城先生の珠玉の名言の数々を、本日は紹介させていただきます。
あまりにも素敵な言葉に溢れています。その数や量は膨大で、1冊の本が出来上がってしまうくらいです。今日は、ほんの少しだけの紹介となってしまいますが、どうかお許しください。

 

大城先生 珠玉の名言集

 

運動は、一生ものです

運動をしなければ、不健康になります。運動は、本当に素晴らしく生きていく上で、欠かせないものです。学習効果も高まります。ストレスや鬱も軽減されます。そして、脳にとって、最も良い栄養が運動です。もちろん、お勉強も大切です。しかし、その前に少しでも運動してから、取り組むと、子どもたちの集中力がいつもよりもさらに高まるかもしれません。

 

一日も休まないこと

ダイエット、朝起き、禁酒など、皆さまが継続して取り組みたい良い習慣があったとします。それを、継続するコツは、「一日も休まないこと」です。一度、休んでしまうと、「今日ぐらいいいよね」と、人間はどんどん楽なほうへ行ってしまう生き物です。だから、良い習慣を身につけるためには、毎日必ずやることです。休まないことです!!

 

最大の依存先

「どんなことがあってもお母さんがいてくれる」、 「どんな私でもお父さんは私のことを大好きで居てくれる」、 「なにがあってもお母さんとお父さんが見守ってくれている」 このように、子どもたちには「最大の依存先」が必要なのです。小さいうちから、たっぷり甘えさせてあげて、できるだけ子どもたちの願いを叶えさせてあげてほしいのです。

 

願いをできるだけ叶えてあげてください

大人が「これは将来役立つからやっておきなさい」や、「こうなってほしいな」という願いを叶えるよりも、子ども自身が本当は何をやりたいのか、どうなりたいのかを聞いてあげて、その願いをできるだけ叶えてあげてください。子どもはみんな「ママが大好きなので、ママのために頑張ろう」と思って無理をしてしまうものです。それだと、子どもは自分を押し殺して、活動することになり、大人に抑えられた分、どこかで発散しなくてはならなくなります。

 

「愛」と「感謝」

僕の教室には、体操が上手になることよりも、大切なことがあります。それは、、、「愛」と「感謝」です。これさえあれば、これから先、大人になってからも幸せに生きていけるからです。体操がうまくなることよりも、大切にしなければならないことがあります。「お友達への思いやり」や「ものを大切にすること」「両親への感謝の気持ち」。人間、これらをおろそかにして「スキル」や「ノウハウ」ばかり追い求めても、決して幸せにはなれません。

 

「集中」というものは、大人がさせるものではありません

よく、子どもに「集中してやりなさい!」という言葉を掛けている大人がいますが、それは僕たち大人の「環境設定」が間違っていることがほとんどです。
楽しいことや、面白いことであれば、何も言わずとも子どもたちは集中して黙々と取り組みます。

 

大人は、これから先の見通しを立てることができますが

子どもたちは「今」しか見ることができません。何時に寝るためには、早く帰って、ご飯を食べて、お風呂に入らないと!と大人は思うのですが、子どもにしてみれば、そんなことより、今楽しいことをしたいわけです。 だからこそ、僕たち大人は、子どもの特性をよく理解して、心のゆとりや、時間の余裕を持つ必要があります。

 

 

そんな大城先生に出会えるのが
大城先生「国立小合格運動講座」

 

【内容】
今年、国立小を受験するのだけれど、どのような運動の対策をすれば良いのかわからない方
運動が苦手なので、「うちの子大丈夫かしら」と不安な方
何かに挑戦する時、すぐに「できない!!!」と諦めてしまうお子さまをお持ちの方
大城先生に触れて、「自信」と「愛情」と「自己肯定感」を我が子にプレゼントしてあげたそのような方々を対象とした 国立小合格のための運動講座です。

【日程】2月7日(日)

【対象】新年長の皆さん

【お申し込み方法】こちらからお願い致します→https://kids-foryou.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です