書評「対話でつくる算数授業」

 

 

“ボケとツッコミが、アクティブ空間をつくり出す”「対話でつくる 算数授業」

 

 

本日は、早朝から、「書評」です。

ズバリ、読み終えた感想は?!

     ↓

     ↓

     ↓

“凄い!!凄すぎる!!”

“こんな先生に教わりたい!!”

 

そんな素敵な本を書いてくださったのは、田中博史先生

筑波大学附属小学校の副校長先生です。

 

小学校の先生方に向けて書かれた本です。

しかし、読めば読むほど、幼児教育に生かせる事例が満載!!

その数、1回のブログでは紹介しきれないほどです。

 

「私はお笑い番組が好きです」から始まる“プロローグ”に、いきなり打ちのめされます。

そこからは、“これは、教える立場にいるものとして学ばねば”、そう思わせる「金言」、「格言」のラッシュ!!

 

ちょっとだけ紹介します。

 

人前で間違えることを警戒している子どもたちも、最初は、目の前の教師がボケてくれれば、安心してツッコムことができるようになります。

「~できるようになります」の表現に田中先生の子どもに対するスタンスが見えてきます。

強制ではなく、ごくごく自然に、変えていくのですね。

 

さらに、

 

「なんだ、先生でも間違えるんだ」

「そうそう、私も最初そう思ってた」

「分かる分かる、その気持ち」

「さすがに、それはないでしょう(笑)」

こんな会話を子どもたちと楽しく会話しながら、解決のための迷い道を、友だちと歩いていくのです。

 

会話部分は、子どもたちの声です。

こんな会話が飛び交う伸びやかな授業こそ、私が目指す理想の授業です。

「解決のための迷い道」と言う表現が秀逸ですね。

私も一緒に迷いたくなってしまいます。

 

 

板書に関しては、従来からある「先生が黒板に書いたものを子どもが写す」のやり方に、わかりやすく警笛を鳴らしています。

その上で、田中先生は「こんなやり方もあるよ!」と優しくアドバイスしてくれます。

 

◇まとめの書き出しの部分は先生が書いておいて、続きを子どもが書く

◇大切なキーワードだけ書かないで文章の枠組みは見せる

◇先生が間違いを含むまとめを書いて見せて、子どもに修正させる

 

子どもたちが、前のめりになり、意見を言いながら、板書しそうなやり方です。

 

 

プロローグだけで、こんなにたくさんの気づきを与えてくれます。

ですが、ここで驚いてはいけません。

 

本章も同様に、いや、それ以上に「圧巻!!」の内容です。

是非とも、皆さま、本書を手に取り、読み進めてください。

 

 

 

 

 

えっ…

 

 

 

 

 

 

 

 

なかなか時間が取れない?

 

 

 

 

 

 

 

そうですか…

 

 

 

 

 

 

 

わかりました…

 

 

 

 

 

 

 

本章も、私が、ほんの少しですが、今後解説していきましょう!!

 

 

最後に、

彼らの素直な表情が、授業中にたくさん見えるようになり、「子どもってすごいな」と思える瞬間がたくさん味わえます。

 

「子どもってすごい!」って思える先生に、教わっている子どもたちって、本当に幸せです。

「すごい!!」って、いつも思われていると、さらに、どんどん「すごいひと」に、なっていくものですから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

感謝の意を込めまして     神山眞