「こころがペコペコ」 お勉強がスランプ状態なのは、心が満たされていないせいかもしれない

 

マズローの5段階欲求を、きちんと理解しておいた方が良いわけ

 

飢えを感じている、食べることがままならない子に対して
「学習習慣をきちんと身につけさせなければ!」
そう思う親っていないわけです

 

欠乏感に対しては、「満たしてから、次の段階に進むべきだ」ということは、誰しもが冷静に判断できるからです

 

ところが、「心が満たされていない、気持ちが満たされていない」
そんな、欠乏感や飢餓感に対しては、意外と目を向けてあげていないことが多いみたいです

 

そこに、もしかしたら、原因があるかもしれないのに

「どうして言うこと聞かないの?」
「どうしてちゃんとできないの?」
「どうして学習に集中できないの?」
「どうして勉強を嫌がるの?」

となってしまうのです

 

マズローの5段階欲求に関しては、よくよく、きちんと理解しておいた方がいいです

 

どうやら、人は、あるレベルの欲求を満たしてから、次のレベルのステージに進むみたいです

 

まして、幼児さんだったりするわけです

「満たされていないものが、あるのかどうか」
「満たされていないものが、なんであるのか」

お子さまの表情や言動から探ってあげることが大切です

 

自動車でさえ、ガソリンを満たしてから、目的地に進みます
馬だって、ニンジンを食べてから、ゴールに向かいます

 

だからといって

「全てを必ず満たしましょう」
「いつも、必ず満タンでいましょう」
「満たさないのは絶対ダメですよ」

ってことではないですからね

 

無理のないように
極端に走ることなく

満たすべき時期
満たすべき量

それらが、適切であるようにしましょうね!!

 

 

 

感謝の意を込めまして 神山眞