「つらいとき かなしいとき やるせない気持ちの時 我が子にかける言葉が知りたい」

 

我が子にかける言葉は、「ありがとう」の他にない

 

我が子に向かって
嬉しいことがあったら
素敵なことがあったら
“ありがとう”を言います

 

これを続けると
皆さまにもお子さまにも
もっと素敵なことが起きます

 

これはなんだかできそうです
気分がいいし
機嫌がいいから
かなりの確率でできます

 

一方、我が子に対して申し訳なさを感じて
つらいとき
涙が止まらない時
不運を嘆く時
“ごめんね”という人が多いです

 

99%正しい行為です
悲しいんですから
つらいんですから
当然それでいいんです
無理は禁物です

 

ですが
次の日の朝になったら
残りの1%を試してみます
1%でいいから頑張ってみます

 

我が子に向かって
悲しさの残る朝であっても
つらさに押しつぶされそうな朝でも
“ありがとう”を言ってみます

 

すぐにではありませんが
近い将来、味わったことのない
体験したことのない
大きな祝福に包まれることになります

 

ありがとうの言葉が持つ力を
侮ってはいけません

ありがとうの言葉が持つ力の
偉大さは皆さまが思っている以上です

 

うまくいった夜も
つらさから逃れられない朝も
我が子に向かって
“ありがとう”を言い続けましょう

 

楽しさや喜びは倍加され
悲しみやつらさが徐々に薄れていきます

 

子育てをしていると
小学校受験にチャレンジをしていると

 

ときに1%を試す機会をいただくことがあります
そんな時は、迷わず1%にチャレンジしてみることをお勧めします

 

うまくいった夜も
つらさを引きずる朝も
我が子に向かって
“ありがとう”を言い続けましょう

 

ありがとうの言葉と
ありがとうの気持ちが

 

我が子を豊かにします
我が子の成長を助長します

 

富める時も
病める時も
言い続ける言葉
それが“ありがとう”なのです