「ペーパー課題」のない学校はあるが、「行動観察課題」のない学校はない “話しかけるのが苦手だったら、さて…何をすればいい?”

 

行動観察課題は
ただ、漠然とは行わない
ポイントを明確にして行う

 

ちきゅうまるの「行動観察課題」では、上手に話せなくても、上手にリーダーシップが取れなくても、「懸命に行う大切さ」を、学んでいただきます

 

“懸命に その輪の中に加わる(参加者意識を持つ)”
“懸命に 人の話を聞く(目で)”
“懸命に 人の話を聞く(相槌で)”
“懸命に作業に取り掛かる”

 

ですね!!

 

そのうえで、課題ごとの「ポイント」を、アドバイスします

 

たとえば、真夏のオールインワン講座Cで行う課題は「魚釣り」です

 

過去に、お茶の水小、竹早小、さまざまな私立小で出題されている「魚釣り」には、「6つ」も抑えておくべきポイントがあります

 

-6つのポイント「魚釣り」-

 

■1:相談に参加する

話しかけるのが得意なお子さまは、「積極的に声掛け」を行います
話しかけるのが苦手なお子さまは、「同意すること」をきちんと行います

 

■2:お約束を守る

釣っている時のお約束は、

順番を守って釣る

竿を渡す時、受け取る時には、必ず声をかける

交代しながら行う

「はじめとやめ」の合図を守る

以上4つです

お約束は、「よく聞いて」→「おぼえて」→「最後まで守る」の3つが大切です

 

■3:道具を大事に扱う

道具を粗末に扱っていては、当然ながら合格はいただけません

「竿を渡す時や、受け取る時」
「釣れた魚を入れ物に入れる時」

このような時には、道具に対する優しさが必須です
竿を奪うように受け取ってはいけません。
魚を投げるように入れ物に入れてはいけません。

 

■4:自分の順番でない時も参加者意識を持つ

自分の順番の時に、どんなに一生懸命行えても、お友だちが行っている時に素知らぬ顔になってはいけません

応援しましょう!
一緒に喜びましょう!
優しいアドバイスを送りましょう!

 

■5:おふざけをしない

ゲーム系の行動観察では、緊張感が解けてくると、床にバタンと倒れたり、走り回ってしまうなどのおふざけをしてしまうことがあります

楽しく行うことと、おふざけをしてしまうことは似て非なるものです
常に節度を保つことを意識できるようにしましょう

 

■6:お片付けの合図と同時にお片付けを始める

てきぱきと丁寧にお片付けを行いましょう

 

どうですか?
漠然と取り組んでいては、気が付かないことばかりです

 

上記6つのポイント」を知って、守って、且つ、楽しんでのびやかに行えるように経験を積んでいきましょう!!

 

そのうえで、何よりも一生懸命に行います

 

一生懸命さは、小手先のコミュニケーション能力をはるかに凌駕します

 

行動観察課題を通して、目の前のことに集中して、真剣に取り掛かる習慣を身につけましょう!!

 

ちきゅうまるの「オールインワン講座」では、さまざまなタイプのお子さまを大募集しています

 

様々なお子さま同士が、互いの良きところを学びあう、それが「オールインワン講座」です

 

一方的な教え込みでは、そのお子さまだけが持つ、良きところを伸ばすことは難しいですよね!!