「何だと思う?」と「どうしてそう思ったの?」は、魔法の言葉!!  すぐに「答え」を、教えない方がいいときもある

 

幼児期にたくさん考える
それが、大人になったときの財産になる

 

わからないものがあったり
知らないことがあると

 

子どもは
「これなに?」
「どういう意味?」
と聞きます

 

答をズバリ言うのもいいけれど
それよりも

 

例えば、これからの季節

“スダレを見たとき”

“打ち水を見たとき”

 

「なに?」って聞かれたら

「何だと思う?」

 

そんなふうに
聞くのがいいかもしれませんね

 

そして、続けざま
「どうしてそう思ったの?」
なんて聞けたら最高です

 

大人同士の会話での
「なぜ?」の問いに
「なんだと思う?」と答えるのは
時としてよろしくないかもしれませんが

 

お子さまに対しては
理由を考える習慣が身につくし
好奇心がより一層、かき立てられますから

 

子:「なに?」
親:「なんだと思う?」
は大いにありなのですね!!

 

お試しください!!

 

 

 

 

藤田先生が、

 

6月30日に

 

「記憶の力」を必要とする

 

 

「製作講座」を

 

 

行ってくださるようです

 

 

 

 

「製作が苦手!?“だったら藤田先生に教わりましょう” 国立小合格製作講座STEP5」

 

【内容】今回は、「記憶」にこだわった90分間です。
「折り方の記憶」、「手順の記憶」、「モール製作の記憶」などを通して、
「作った結果」だけではなく、「作る工程」の大切さにも気づいてもらいます。

【日時】6月30日(日)9時~10時30分

【場所】中野(「アイル学院 中野教室」で検索しますと、地図が出てきます)

【講師】藤田先生とアシスタントの先生が1名です

【会費】5,500円(税込み)

【対象】年長の皆さま

【受付開始】今すぐです!!定員になり次第、締め切らせていただきます。
ちきゅうまるブログの「お問い合わせ・お申込みフォーム」よりお願い致します。「講座名」を明記の上、「お子さまのお名前(読み仮名)」、「生年月日」、「ご住所」、「お電話番号」、「志望校(国立小)」もご記入願います。