「子どもらしさ」や「伸びやかさ」 お子さまの「良き所」を、十分に出してあげたいなら

寛容の気持ちで、子どもと接する

 

「子どもらしさ」や「伸びやかさ」
お子さまの「良き所」を、十分に出してあげたい

 

そう思ったなら

 

「まぁ…いいか!!」
をときどき、口ずさむことをお勧めします

 

完璧主義や減点主義ばかりで、お子さまと接しすぎないようにしてください
お互いに息が詰まってしまいますよ

 

よそのお子さまとの比較はしてもよいのですが、
そのことで、自分のお子さまに対してマイナスのイメージを持つ必要はありません

 

「おたくのお子さん、とっても素敵ですね!」
「うちの子も、素敵ですよ!」
「お互い、素敵な子でよかったですね!!」

 

「まあ…いいか!!」は、自らの「寛容さの枠」を広げてくれる素敵な言葉です。

 

そして、その寛容な心持ちが、子どもに伝わった時、
皆さんのお子さまは、寛容という名の大海原の中で、子どもらしさを思う存分に発揮し、自らの良き所を全開にします

 

どのお子さまも、生まれてから、まだ、“5年だったり”、“6年だったり”です

 

「まあ…いいか!!」の寛容の精神で、時に、子育てをしてみてはいかがですか?

 

 

感謝の意を込めまして  神山眞