小学校にあって、中学校や高校にもある。それなのに幼児教育にはないもの

 

-おしらせ-

 

ちきゅうまるの「国立小合格教室:入塾説明会」の案内は、皆さまのお手元にメールにて、届きましたでしょうか?

 

どうしても、「hotmail」をご使用の皆さまに、上手く届けることができません。

或いは、迷惑メールになってしまっているようです。

 

もしも、

 

「まだ!!届かないぞ!!」

「いったい!!いつになるんだ!!」

「神山先生!!おそい!!おそすぎる!!」

 

という方がいましたら、直接お電話をいただけると嬉しいです。

 

心からお詫びしたい気持ちです。

 

 

それでは、本題です。

 

 

「はじめてであう すうがくの絵本」

 

 

小学校にあって、幼児教育にないもの

中学校にあって、幼児教育にないもの

高校にあって、幼児教育にないもの

     

なんだと思いますか?

    ↓

    ↓

    ↓

    ↓

    ↓

    ↓

 「教科書」です

 

 

どうしてないのでしょう?

そんな疑問を抱きつつ

 

 

わたしは探しています!!

ここのところずっと探しています!!

 

 

 

 

そして

 

 

 

 

 

ついに

 

 

 

この絵本は、教科書になりうるか?!

そんな絵本を探し当てました!!

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

  ↓

安野光正先生著

「はじめてであう すうがくの絵本」

 

わたしは、寝食を忘れて、本日、朝から晩まで、繰り返し繰り返し、読んでいました!!

 

 

 

奥が深すぎるこの絵本!!

 

ちきゅうまるの「国立小合格教室」では、即、「採用」です!!