「本を読むのが大好き」にしたければ

 

「本を読むのが大好き」にしたければ

 

お母さまは、小説

お子さまは、絵本

 

電車の中で、読書をしている親子をときどきみかけます

 

このお子さまは、今も本を読むことが好きだし

きっと、将来的にも、ずっと、読書が大好きなはずです

 

 

先日、私が、あるお父さまとお話をしている時
その娘さんが、一生懸命、ペラペラと、読みかけのお父さまの本をめくっていました

 

アンダーラインが、びっしりと引いてある、読み込まれた本でした
一目で、お父さまにとっての大事な本であることがわかります

 

このお子さまは、本が大事なものであることを知り
きっと、将来的に、本からたくさんの恩恵を受けることでしょう

 

 

 

お父さまや、お母さまが、

いつも身につけているもの
片時も放さぬもの
大事にしているもの

それらを、子どもは、実によく見ています

 

 

なので、お子さまに、本を読んでほしいな
そう、思ったら

 

いつも、本を身近に置き、本から、たくさんの大切な情報を得ていることを、お子さまに伝えることをお勧めします

 

 

子どもは、大事にされているものや、大切にされているものに、大いなる好奇心を抱きます

 

 

それが、たとえ、ドロのかたまりであってもです。

 

大事に磨かれ、大切に保管され、ピカピカに磨き上げられたドロのかたまりを、「おー!!なんて素敵な“どろだんご”なんだ!!」

宝物を見るかのような、羨望の眼差しを向けます。

 

 

子どもに大事にしてもらいたいものがあったら、率先して、大人である我々が、それを大事にすることが大切なのかもしれませんね

 

 

感謝の意を込めまして  神山眞

 

 

 

 

 

 

 

 

川島隆太先生著の「スマホが学力を破壊する」に、「子どものスマホの使用時間と学力」の相関関係が出ていました。

 

 

これを読むと…

 

「子ども前で、スマホを、使用しすぎない方がいいかもしれない」

そんな、結論に至るかもしれません