「疲れる=悪」ではない

「疲れる=悪」ではない

「疲れたのに休まない」が、問題なのです

 

 

疲れたら、休む
ここ、大切です

 

走り回って
大きな声出して
モリモリ食べて
大きな声でお腹を抱えて笑う

 

疲れて、疲れ切って
全てを出し切って
バタンと、横になった瞬間に寝る

 

すると、「超回復」がおき、

「素敵な表情」
「素晴らしい姿勢」
「メリハリのある力強い動き」
「キラキラした瞳」

といったごほうびが与えられます

 

反対に
疲れたのに、休まない
これは、問題です

 

疲れたら、寝ましょう
いっぱい動いたら、休憩してください

 

身体の調子が悪ければ、休みましょう
緊張したら、緩めてください

 

真実は、いつも、びっくりするくらい、「シンプル」です。

 

逆も真なり
シンプルでないものの、ほとんどは「真実」ではありません。

 

 

 

感謝の意を込めまして

 

神山眞