「疲れを知らない子どものように」は、本当か?

 

疲れに関するご質問にお答えします

 

 

子どもは、基本的に、ギリギリまで、頑張れてしまいます。

なので、疲れているのかどうかの判断がつきずらいです。

 

 

ですが、

 

□朝、食欲がいつもよりない

□朝、もっと寝たいと言っていた

□朝、幼稚園に行きたくないと言っていた

□朝、身体的コミュニケーションをいつもよりはるかにとりたがる

□朝、不機嫌である

 

そんな時は、「疲れが出始めているかも」と思ってよいでしょう。

 

 

「疲れが出始めてるかも」のサインに気がついた時、タイムリーに、適度に休養を与えると、

子どもは、“ぐぐっと”、元気を取り戻します。

 

「一晩、ぐっすり寝たら、もう元気!!」の状態です。

 

 

反対に、サインに気がつかず、さらに、無理を重ねると、

「能力的なスランプ」に陥ったり、「表情に陰りがさす」ようになってしいます。

 

 

疲れが原因で、「能力的なスランプ」に陥ってしまった時は、よくよく気をつけなければいけません。

 

母子ともに、疲れてしまっていることが多いからです。

 

そんな時は、「間違った判断」を誘発してしまいます。

 

 

うちの子、スランプだなぁ

昨日も、今日も、調子が悪い

やる気がなさそうなのも、何だかねぇ…

 

よし!!

 

「もっと、量を増やすべきだ!!」

「もっと、睡眠を削っても、大丈夫なはずだ!!」

「気合いだぁ!!」

 

となってしまいます。

 

 

なので、

 

□乗り物等での、移動に時間がかかっている時

□園の行事が盛りだくさんな時

□学習時間が、予定よりも長くなってしまっている日が、4,5日、続いたとき

□寒暖差が激しい時

□暑い日が続いている時

 

 

これらの時は、敢えて、意識して

□早めに寝る

□ゆっくりゴロゴロする

□外に出て、思い切り身 体を動かす

 

などをしてください。

 

 

「身体を休ませる」と「体を思い切り動かす」は、一見、対極にあり、矛盾しているように感じますが、「休息」だけで、疲れをとるのは、幼児には、不可能であることは、間違いのない事実です。

 

特に、幼児期の、「座りっぱなし」は、疲れを誘発させる大きな要因になるので、気をつけてください。

 

長い時間座ったなと思ったら、意識して、大いに、身体を動かしましょう。

 

 

今日も、明日も、良い天気が続きます。

たくさん遊んで、たくさん学んで、適度な休憩をとりましょう!!

 

 

 

 

 

感謝の意を込めまして  神山眞

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の話は、実は、とてもとても、大切な話です。

なので、繰り返します。

 

ペーパー学習で、調子がでない時、ほとんどの方が、ペーパー学習の範疇で修正しようとします。

もちろん、それで、改善されたのなら、「その方法は、適切であった」と言えます。

 

ですが、改善されなかったとしたら、違う方法に移行するべきです。

 

調子がでない

ケアレスミスが多い

 

だから「量を増やした」

「でも、改善されなかった!!」

 

だとしたら、

外に出て(室内でもOK)思い切り身体を動かすんです。

よっぽど、スランプ解消には適していることが多いです。

 

運動の利点は、筋力をつける、技術を向上させるばかりに、目がいってしまいがちです。

ですが、実は「集中力」をつける、「途切れた集中力を復活させる」といった効果もあります。

しかも、絶大に!!

ここに、目を向けると、「スランプ脱出!!」なんてことになるのではないでしょうか!!

 

 

 

 

 

 

 

 

これ、びっくりです!!

 

「昼寝が1時間を超えると死亡危険率が急増」

「2時間のグループでは、昼寝をしない人の約5倍にまで高まる」

 

医学博士である三島和夫先生の著書にかいてありました。

 

しかし、

「短めの昼寝を計画的にとると、血圧が下がる、パフォーマンスが上がる、免疫機能が高まる」

などの効能が認められているそうです。

 

昼寝も奥が深いです。

 

※これ、大人の昼寝の話です。

幼児期のお昼寝は、全く別物です。

保育園で、2時間寝ていても、まったく、なにも、問題ありません。