「自力が100%」で、「他力が0%」になっていないですか?

自力=100%

 

 

お子さまの事

ご自身の事

ご家族の事

 

 

何でも、自分で解決しようとしていませんか?

 

即決を求めていませんか?

 

 

もしも、

 

お子さまの才能や個性を、十分に、柔軟に、のびやかに、そして無限大に伸ばしたかったら、

 

 

□自分だけの力で解決しない方がいいです。

 

□自分だけで背負い込まない方がいいです。

 

 

「自力が100%」で、「他力が0%」になってしまっていたら、

まずは、その比率を、少し変えてみましょう。

 

 

「自力が70%」で、「他力が30%」位が、今の皆さんには、ちょうどよいかもしれません。

 

 

 

ここで、皆さんは、「他力って何ですか?」と思ったはずです。

 

 

あくまでも、私の定義する他力ですが、

 

 

 

①あなた以外の人

だんなさま、幼稚園(保育園)の先生、お子さまのお友だち

少し委ねてみてはいかがでしょうか?

 

 

②自然

自力での解決法は、「頭の中でのシミュレーション」が主になります。

頭の中で、一生懸命に、お子さまを将棋の駒のように、「あーでもない、こーでもない」と動かしながら最善の策を模索します。

 

とても、とても、大切なことです。

 

ですが、

 

“こうすれば、こうなるはず”

“こうきたら、こうかえす”

“すると、こうなるだろう”

“あれ?”

“ならないな?”

“なんでだろう!?”

“うちの子の、ここがわからないな…”

 

っていう感じななってしまったら、考えるのは、いったんやめましょう。

 

 

それよりも、

 

□公園に行きましょう

□森に行きましょう

□川や山、海に行きましょう

 

 

裸足になって大地から、力をいただく

大きな木を抱きしめて、力をいただく

素足に水を浸して、力をいただく

 

 

それらは、単に気分を変えるだけではありません。

 

 

自然は、ストレスを激減させます。

さらに、脳機能をも高めます。

 

 

「そんな感じがする」というレベルの話ではないのです。

科学的に解明されている“事実”なのです。

 

 

まずは、5分でいいですから、近くの公園でのんびりしください。

 

 

 

③時間

これぞ、究極の他力!!

 

やるだけやったら

考えるだけ考えたら

 

あとは、時間に委ねましょう!!

 

 

時間とは、偉大です。

 そして、「お子さまの成長は、草木を育てるが如く」とは、至極、名言であるといえます。

 

 

水(知識)を与え、光(経験)を与え、良き土壌(環境)で、草木は育つ

そう思われがちです。

 

しかし、ここには、大切な何かが、明らかに欠けています。

 

欠けている大切な何か、それは、「時間」です。

 

 

皆さまは、一生懸命に子育てをしています。

いつも、お子さまのことを、気にかけています。

お子さまに災いがあれば、代わってあげたい、そう思う方々ばかりです。

 

 

だとしたら、もう、水も、光も、土も十分です。

あとは、時間だけだと思ってください。

 

 

芽が出て、膨らんで、花が咲くまで

まちましょう!!

 

 

 

 

 

 

本日のまとめ

 

 

自力は大切

でも、100%である必要はない

 

委ねる、任せる、時間をかける

他力の%を、少し上げてみましょう