【ロードトゥ筑波2】 荻窪&池袋&中野で開催!!

 

筑波小合格講座120

■1:出欠確認するや否やの「お話の内容理解」

「誰」、「色」、「もの」、「表情」、「文の長さ」、「数」、「模様」、「常識」、「天気」、「季節」。筑波出題パターン“10のカテゴリー”に照らし合わせたテスト形式の全9問です。

■2:休む間もなく「回転位置移動」

全18問を、“短距離走のスピードでマラソンを走るが如く”のいきおいで行います。他者との競争でもありますが、“自分自身が立てた目標を超えること”を何よりも大切にしてもらいます。

■3:その流れのまま「重ね図形」

既出課題を、某私立小で出題された形式にアレンジした全10問です。重ね図形の場合は、「描きこんで解く」のか、「描きこむイメージのみで解く」のか、どちらにするのかの“見極め”が必要です。自分なりのやり方を、そろそろ見つけなければいけません。それを言及するための一問です。

■4:筑波と言えば「複合課題」

回転と重ねの複合課題全12問にチャレンジです。解き方のコツとして、「お手本サイド」ばかりをみないことをアドバイスします。「解答サイド」から見ることで、「難解度」を20%減少させることができる、そのような解き方をアドバイスします。

■5:筑波と言えばスピードではありますが…「思考力課題」

作業能力1点張りの解き方では、思考力課題が出題された際に対応できないことがあります。筑波の図形課題は、左上の1問で「解き方」を理解しなければなりません。その瞬間の視点の合わせ方、その瞬間の話の聞き方、その瞬間の取り組み方を学んでもらいます。

■6:工程を記憶して、工程通りに行うテストスタイルの指示製作

配布されたものを触らないで待つ→講師が指示を出している時に集中してみる&聞く→スピーディーに正確にちぎる&紙の大きさによって折るなどの工夫を凝らす→指示通りの位置に適度なノリの量で貼る→大きさを整え、早い着手で指示通りの場所に描く→指示通りの折り方で端を揃えて折る→スムーズにちょう結び

■7:反復練習:ちぎる→貼る→結ぶ

筑波小製作課題で最も多く課せられている“3動作”を連続で、制限時間内で、できるだけ多く
行います。数をこなすことで、スピードの感覚、つなぎのスムーズさを身につけます。

■8:口頭試問

徹底的に“基本”にこだわって、徹底的に“即答からのなぜ?”について、答えられるように練習をします。“答え”及び “結論”のみを、生き生きとした表情で的確に話すことが大切です。ロード2からロード3,さらに勇気100倍講座の全4回で、このやり方を体に馴染ませます。

【合同講座】「地球丸」と「チャイルド学院」との合同講座

【日程】
□9月18日(日)14時00分~16時00分
□9月25日(日)14時00分~16時00分
□9月23日(祝)13時30分~15時30分=講座№0923
□9月24日(土)9時00分~11時00分=講座№0924
□10月3日(月)15時00分~17時00分=講座№1003
※同じ内容です。おひとつお選びください。

【場所】
18日、25日=荻窪
23日、3日=池袋
24日=中野

【講師】
18日、25日=細谷先生
23日、3日=神山
24日=本道先生

【講習費】11,000円(税込み)

【参加資格】年長の皆さま(家庭学習の方も他塾の皆さまも大歓迎です)

【細谷先生:受付方法】絶賛受付中です。チャイルド学院ホームページ=チャイルド学院 (child-gakuin.jp) → 講座のご案内 → 国立年長児講習会コース → お申込みフォーム

【本道先生&神山:受付方法】
受付日が決定しましたら、ブログにて発表します。近日中に必ず報告させていただきます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。