【小金井&大泉】やってはいけない!!『3つのNGなペーパー学習法』

 

過去問分析から見えてくること

 

特徴的な共通点とは?

小金井小&大泉小のペーパー課題には、特徴的な共通点があります。それは、どの年度においても、両校のペーパー課題の8割以上が、『過去に出題されたジャンル』で構成されているということです。これに関しては例外がありません。

よって、9月を過ぎたら、過去に出題されたジャンルの課題を「徹底的に反復練習」します。これをすることで、はじめて本番当日に「基準点を超えること」ができるようになるからです。

 

NGな学習法

基準点が超えられないときには、得てして、基準点が超えられない学習法を行ってしまっていることがあります。そんな『NGな学習法』は3つあります。

一つ目は、「抜けがある」です。過去に出題されているジャンルなのに、“やっていないし、やり込んでいないケース”です。

二つ目は、「間隔が空きすぎている」です。春にできていた課題、模試で得点できたことがある課題は、とかく、その後“ノーマーク”になります。少なからず、“やり込むようなこと”はしなくなります。

三つめは、「他校出題ジャンルに力を入れ過ぎてしまう」です。併願校の講習会や模試、家庭学習に“労力及び時間”が、取られすぎてしまうケースです。

 

定期的な確認作業

これら「3大NG」をなくすために、必要なものが「定期的な確認作業」です。それに該当するのが、模試です。また、テスト形式で行う集団授業や講習会も該当するでしょう

リトマス紙的要素満載なペーパー課題を、「テスト形式」で行うことで、「3大NG」に気づき、改善することができます。

 

「3大NG」を意識しながら取り組む

「テスト形式」で間違えた課題には、その問題そのものに「解けない原因」があるのはもちろんですが、実は、その問題全体(=ジャンル)に、解けない原因があったりします。

その原因は、「抜け」からきているのかもしれません。「間隔の空きすぎ」からきているのかもしれません。はたまた、「他校頻出ジャンル」に力を入れ過ぎてしまっているからなのかもしれません。

どうか、9月を過ぎたら、それら“3大NG”を意識しながら取り組むことで、基準点を突破しましょう。

 

 

 

ペーパー、運動、行動観察を120分かけて行う講座
“ロード トゥ 小金井小・大泉1” 『小金井小・大泉小合格講座120』

9月10日(土)と9月19日(祝)に開催決定!!

※詳細は今後のブログで報告いたします。

 

 

7月25日(月)『国立小学校合格勉強会』
お受験生活のお悩みにズバリお答えします!!

Q1:筑波小の志望動機&作文の書き方がわかりません

Q2:過去問の使い方がわかりません

Q3:くまあるきがちっとも早くなりません

Q4:本番当日のタイムスケジュールうちの子の性格は、早い番号が向いていますか?遅い番号が向いていますか

Q5:お茶の水小の作文では何が求められているのですか?

Q6:毎日のお受験生活で気分が落ち込みがちです

Q7:保護者が学校に行く時の服装ってどんな感じなの?

Q8:夏休みだからこそのおすすめなペーパー学習法を教えてください

Q9:子どもの前で言ってはいけない口癖ってありますか?

Q10:願書や志望動機、字が上手くないのが悩みの種です

ご興味をお持ちになった方がいましたら、こちらをクリック→まなびの芽

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。