【行動観察だって過去問を解こう!!】筑波大学附属小学校で、“10年連続出題”された「行動観察課題」

 

筑波小で“10年連続出題”された「行動観察課題」があるのはご存知でしょうか?そうです!!「積み重ね型:高さ比べ競争」です!!

 

やり方

□紙コップやパターンブロック、スポンジ素材の積み木などを使います

□5人ほどのグループで、高さを競います

□ただ“高くする”のみならず、“タワー”や“お城”、“ビル”に見立てながら行います

□机の上で行ったこともありますが、近年は床を使って行われています

□片づけに関しては、グループや時間帯によって、だいぶ違います

講習会や、模試で行うことの多い“積み重ね課題”です。ですが、筑波で行われる“積み重ね課題”は、十分に“筑波式”であることを意識しながら行う必要があります。

 

求められている力

□コミュニケーション能力

□高くするという目的を十分に意識した動き

□勝敗がついた後の所作

□指示通りのお片付けの仕方

通常の「積み重ね課題」で、最も求められる力は、“コミュニケーション能力”です。よって、「相談する場面での協調性」や「協調性を前面に出した取り組み方」を身につけることを、第一目標にした指導が行われます。

しかし、「筑波式積み重ね課題」で、最も重視しなければならないのは、「目的を意識した動き」です。“高くする”と言う目的に向かうことを第一に取り組みます。他のチームより高くする目的に向かう中で、高くするためのコミュニケーションを取る必要があります。

 

目的に合わせた取り組み

今の時期に、皆さんのお子さまがやらなければいけないのは、「目的に合わせた取り組み方」について知ることです。いつもやっている「積み重ね課題」とは、少し違う取り組み方を、夏休みの間に知っておきましょう!!そして、秋になったら「完全志望校特化型」でゴールまで一直線です!!

 

 

 

筑波式“積み重ね課題”が学べるのは!!

 

 

行動観察『過去問チャレンジ』
“筑波・お茶の水・竹早” 志望校特化型 真夏の行動観察講座

【日程&講座№】
■講座№0805A: 8月5日 9:30~11:00
■講座№0805B: 8月5日 12:30~14:00

【場所】 池袋

【対象】年長の皆さま

【講師】神山眞

※詳細に関しましては、今後のブログで報告させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です