うちの子こえが小さいんです なんだかハキハキとしていなくて… 口頭試問「小さなコツシリーズSTEP4:自宅でできる“発話練習法”」

 

練習することで、十分改善できますよ!!
「声の大きさを整える」
「ハキハキとした話し方を整える」

 

声が小さかったなら
ハキハキとした話し方が苦手であるならば

 

ご家庭で、「発声練習」をしましょう

 

発声練習には、「適した練習文」と「適していない練習文」があるのはご存知ですか?

 

“幼稚園で叱られた時、あなたはどんな気持ちになりましたか?”
これは、「適した練習文」ではりません

 

同じ言葉を繰り返す「復唱系の文」が、「適した練習文」と言えます

 

「適した練習文」を利用して、ご家庭で、発話練習をしてみましょう

 

筑波や世田谷では、「復唱系の文」が、そのままの形で、口頭試問課題として、出題されています

 

筑波小で出題済み>

□「あいうえお」
□「かきくけこ」
□「さしすせそ」
□「パピプペポ」
□「バビブべボ」

 

<数字の復唱は、世田谷小で出題済み>

□「358」
□「439」
□「2278」

 

これらのような、できるだけ、簡単な文章を使うのが、「発話練習」の際のコツと言えます

 

難しい文章で、声量を大きくし、ハキハキと話すのは大人でも難しいですよね

 

「いいねぇ!!」
「素晴らしい!!」
「なんて、素敵な声なんだ!!」

 

無表情で、流すが如く行ってはいけません
しっかりとリアクションを取ってあげることが大切です

 

声が、まだ、しっかりと出ていない時期こそ
自信がもてていない時期こそ
リアクションをしっかりとることをお勧めします

 

 

 

徹底的に少人数にこだわった
ホームメイドテイストな“口頭試問講座”なら

「苦手でも大丈夫!!恥ずかしがりやさんでいいんだよ!!本道先生の口頭試問講座 STEP3」

 

【内容】

「引っ込み思案」、「恥ずかしがり屋さん」、「声が小さい」は、「性格だからねぇ」の一言で片づけられてしまうことが多いです。

しかし、本当にそうでしょうか?

「性格だからねぇ…」が、「経験」を少なくしてしまい、「はずかしい…」や「無理だ!!」を助長させてしまっていることってあるんです。

「経験」を増やし、「受け入れてもらった感覚」を何度も感じとることで、ゆっくりと自信をつけることが大切です。

本道先生にお任せください。

【日時】4月28日(日)11時15分~12時45分        

【場所】中野

【定員】6名

【会費】5,500円(税込み)

【講師】本道先生とアシスタントの先生が1名です

【対象】年長の皆さま

【受付開始】今すぐです!!定員になり次第、締め切らせていただきます。ちきゅうまるブログの「お問い合わせ・お申込みフォーム」よりお願い致します。「講座名」を明記の上、「お子さまのお名前(読み仮名)」、「生年月日」、「国立小志望校」、「ご住所」、「お電話番号」もご記入願います。