お子さまの輝きを増すために 「ゴシゴシさすって、磨き上げてみましょう!!」

 

子どもは、例外なく、輝いている
だから、あとは、磨くだけ!!

 

お子さまは、まだ、輝き続けていますか?
国立小受験は長丁場です

 

11月の第一週、二週目くらいで、私立受験組の皆さんはほぼ終了
それから、1か月以上たった今、国立小受験は、最終コーナーを回ろうとしています

 

輝き続けるのも意外と大変です

 

「輝きが落ちてきたかも」と思ったら

 

「ごくろうさん、ごくろうさん」
そう言いながら、お子さまの体をさするようにして、今一度、ピカピカに磨き上げてみましょう!!

 

私は、かなりの唯物論者です

 

ユリゲラーさんよりも
サイババさんよりも

 

大槻教授を信じてしまうくらいです

 

ですが、掌からは、何かが出ているのを感じるときがあります

 

我が子が、

肩をさすってくれると、肩こりが治ります
背中をさすってくれると、心が安らぎます
握手をしてもらうと、勇気が湧いてきます

 

皆さんのお子さまが、頑張り続けていればいるほど
ほんの少し疲れているかもしれません

 

掌をお子さまの体に優しく当ててみましょう

また、輝きだすはずですよ

 

輝き方は、千差万別

 

キラキラ輝く子
やわらかいらかい光に満たされて輝く子
心の奥底にろうそくの炎のような光をともす子

 

子どもは、例外なく、輝いています
だから、あとは、磨くだけです!!
お父さま、お母さま、準備はいいですか!!