お箸を正しく使う 「年中さんや 年少さんの お子さまをお育ての お父さま・お母さまへの メッセージ」

 

昨日は「今すぐやったほうがよいことが 意外と後回しになってしまっている」についてお話させていただきました

 

本日はその続編で「お箸を正しく使う」です
これも、本番間際に身につけることが不可能です
是非とも、早めに取り組んでおきましょう

 

お箸を正しく使う

 

豆を箸でつまんで、お皿からお皿へ移す
国立小学校では、このような課題が出題されることがあります

 

このような課題を、「手先の巧緻性課題」とか「生活習慣課題」などと呼んだりします

 

箸を使った「手先の巧緻性課題」を、教室や講習会で学ぶのもありと言えばありなのですが、やはり、ご家庭で行うのがベストです

 

その際には、まずは箸選び」から

 

滑りやすいプラスチック製のものはできるだけ避けて、木製のものを選ぶことをおすすめします

 

箸選びの後は、正しい持ち方です
いきなり「完璧に」は難しいかもしれません

 

手のサイズに合わせて
手と指の力がつくのに合わせて
だんだんと「完璧」に近づけていきましょう

 

さらに豆選びといきたいところですが、いきなり豆からはやりません

 

はじめのうちは、ティッシュペーパーをグシャっと握りつぶしてから、少しふわっとさせたものが適しています
掴みやすい大きさ、掴みやすい材質のもので行いましょう

 

昨日も小金井小で「配膳に関した課題」が出題されました

 

今後「生活に根差した課題」が増えることはあっても、減ることはないでしょう

 

「生活に根差した課題は何で学べますか?」ということですが
やはり「生活の図鑑」ということになります

 

この図鑑は「国立小合格」の必需品です
「出題されてきたもの」「今後出題されるであろうもの」が満載です!!

 

感謝の意を込めまして (株)オフィス地球丸 神山眞

 

 

2月に「第一回国立小合格勉強会」を行います

国立小学校のことを知りたい方がいましたら

是非とも、いらしてください

日時の発表はブログにて行わせていただきます