くまあるきが上手になる方法は、ある?ない?

「10日連続チャレンジ」、本日のテーマは、

「くまあるきが上手になる方法は、ある?ない?」 

 

 

 

筑波で毎年、出題されているくまあるき。

上手になる方法、早くなる方法はあるのでしょうか?

この目で、何度も何度も、何人も、何十人も

くまあるきが、上手にできるようになったお子さまたちを見てきています

 

 

だから、くまるきが、上手に、しかも早くなる方法は

ずばり!!間違いなく!!確かに!!

あります!!

 

 

結論から、先に言います。

 

 

■1:正しい、「フォーム」を知る

■2:スピードに乗る「ポイント」を押さえる

■3:間違ったやり方に我が子が該当しているかを知る

■4:自宅でできる練習方法を知る

 

 

以上4点を知ることで、くまるきが「上手」に、しかも、「早く」できるようになります。

 

 

-正しいフォームの4つのポイント-

 

1、手のつく位置と肘の曲がり具合

手幅は?手の出し方は?

 

2、目線

どこを見る?手元?ゴール?

 

3、つま先の向き

内向き、前向き、外向き、正しいのはどれ?

 

4、足の出し方

手を追いかけるように足を出せますか?

 

 

-スピードをだすポイント-

 

1、お尻の高さ

高いが正解?低いが正解?

 

2、足の回転

「はやく!!はやく!!」で早くなる?

 

 

-間違ったやり方-

 

1、膝が内側に入る

2、手に体重が乗っていない

3、重心が左右に偏る

これらの矯正法は?

 

 

-自宅での練習方法-

 

「雑巾がけ」「手押し車」以外にも、まだまだあります!!

 

 

くまあるきが、上手に、しかも早くなりたければ

「国立小運動課題上達バイブル(仮)」の発売をお待ちください。

 

 

昨日、蔵前のスタジオにて、撮影が無事完了!!

あとは、編集作業のみです。

 

 

5月中に完成させて、6月から販売を開始いたします。

楽しみにしていてください!!

 

 

 

感謝の意を込めまして  神山眞