ここが違うよ!!「私立小受験と国立小受験」 -口頭試問編PART2-

 

「1対1」ではなくて、大泉小の口頭試問は「3人が横並び」

 

「PART1」に続いて、「口頭試問:私立小との違い」についてお話をさせていただきます

 

本日は、「国立小の中でも違いがかなりある!:大泉小の口頭試問」をご紹介します

 

私立小では、「子どもがひとり」或いは、「子ども+保護者」で行われます

 

ところが、大泉小では、「子どもが3人横並び」で行われます

 

試験官と机を隔てて、3人が横一列に並びます

「お母さんと何をして遊びますか?」
「お母さんの作る料理で好きなものなんですか?」
「どんな本が好きですか?」

このような質問が試験官から投げかけられます

 

隣の子の発言が、確実に聞こえる距離です

 

聞こえるがゆえに

「同じことを言ってもいいのかな?」
「えっ!そんなこと言うんだ!!」

といった具合にかなりの迷いが生じるようです

 

大泉小対策の直前講習会では、

「隣の子と同じことは言わない方がよい」

なんてアドバイスを受けることがあるので

なおさら迷ってしまうようですね

 

口頭試問は、私立小のスタイルと国立小のスタイルが違うことがわかりました

 

そして、さらに、国立小の中でも、それぞれのスタイルに分かれています

 

試験日当日までに、国立小のスタイルを学び、志望校独自のスタイルにも、徐々に慣れていくことをお勧めします

 

 

本日は、“ここが違うよ!!「私立小受験と国立小受験」-口頭試問編PART2-「国立小の中でも違いがかなりある!:大泉小の口頭試問」”でした

 

 

どうでしたか?

少しは、お役に立てたでしょうか?

 

ちきゅうまるでは、国立小志望の皆さまの良き伴走者となるために
「国立小合格勉強会」を行っています

 

2019年第一回目の「勉強会」は3月4日(月)に行われます
こちらが、おかげさまで、現在満席となっています

 

同じ内容のものを、別の日、別の場所で行う予定です

決定次第、皆さまにお知らせいたします