すき間

すきま=伸びしろ

 

 

19時半から24時までの4時間半

 

 

忙しかった!
まさに、心を失うほどの忙しさ!!

 

 

手を離れたと思った本の「原稿」が舞い戻り

「運動の達人DVD」の再チェック要請が飛び込む

 

 

それらを、ノンストップでチェック

2時間で無事終了

 

 

そこから、明日とあさっての授業で使う教材をスーツケースへ!!
流れるようなピッキング作業!!

 

 

はじめのうちは、間違いのないように
「1,2,3…」の数字の掛け声

 

 

少し疲れが見えてきて
「よいしょ!!」「よいしょ!!」の「根性論」を帯びた掛け声に変化

 

 

そして

日付が変わりそう!!

 

 

そう思った瞬間
掛け声は



「忙しい!忙しい!」

「なんでこんなに忙しいんだ!」

「どうしていつもこうなるの!」

「誰だ!?こんなに予定を入れたのは?」

「あー自分だ!」

「忙しい!!」

「忙しい!!」

に変わっていきました

 

 

 

忙しすぎるのは、やはり、考えものです

 

 

そして、大抵は、忙しさの原因を、「自分の要領の悪さ」だと思ってしまいがちです。

 

 

でも、これって、ズバリ、違います!!

 

 

忙しさの本当の原因は



予定を入れ過ぎてしまうことにあります

 

 

□あれも入れると、いいはずだ!

□これを入れれば、もっといい!

□量が多いのは、いいことだ!

□あそこのすき間に、もっと入れられる!

□こことここの間に、きっと入れられる!

 

 

少ないよりも、多い方が、「いいはずだ!」
そんな、「加法至上主義」は要注意です

 

 

すき間には、すき間の「意義」があります

 

すき間には、すき間であることの「有効性」や「必然性」があります

 

 

皆さまのお子さまの生活には、「すき間」はありますか?

 

子ども時代の「すき間」

それって、実は、将来の「伸びしろ」です

 

 

我が子の将来に、伸びしろが必要であると感じたのなら、「すき間」を作ることです。

 

 

「伸びしろ」が、あった方がいいかもね
そう思うのなら

 

 

無理やり、すき間をつくり出し

そのすき間に
「これでもか!!」と予定を入れ過ぎないようにしましょう

 

 

 

感謝の意を込めまして  神山眞