またまた、ホームラン級の本を発見『息子のトリセツ』

 

脳科学に基づきつつ、ハートが伝わる最高の子育て本

 

神山の年末は“読書”です。目が覚めたら読書、お風呂で読書、移動中も読書、寝る一歩手前まで読書、読書の合間に食事をして、読書の合間に大掃除をしています。

 

そうしたら、またまたホームラン級の本を発見です!!

 

「妻のトリセツ」や「夫のトリセツ」の著者であり
「脳科学・人工知能(AI)」の研究者であり
(株)感性リサーチの代表取締役社長である
黒川伊保子先生の著書「息子のトリセツ」が凄すぎます!!

 

いつもだったら、“はじめに”は、さらっと流すように読みます。ですが、黒川先生の本は、そうはいきません。いきなり、“はじめに”が“なるほどなぁ!!”のオンパレードなんです!!

 

“「息子のトリセツ」はじめに”より

●母親が、「男性脳学」を学ばずに、男の子を理解するのはなかなか難しい。

●男子の器の大きさは、母親が決める。

●生まれたての息子につきっきりの母親が、息子の脳の「座標軸」を決めるからだ。

●父が息子を、大きくたくましく育てようと思ったら、息子を鍛える前に、妻をおおらかにしてあげる必要がある。

●それでは、「母も惚れる男子」の育て方、とくとご覧あれ。

 

これらを教室の授業にあてはめると

●脳科学に基づいた授業
●教室では母親になる瞬間が必要
●器を決めるであろう、脳の「座標軸」を細かく突っつかないほうがいい
●男児を、大きくたくましく育てようと思ったら、お父さまとお母さまの気持ちや心持をおおらかにしたほうがよい

なんてことになりそうです。

 

もっともっと、伝えられるものがある
もっともっと、素敵な教室にできる
まだまだ勉強です!!
年末もお正月も楽しく勉強します!!

 

 

感謝の意を込めまして 神山眞

 

 

1月31日に開催!!
“今がその時!! 素敵な所作を学ぶ“指示行動ベーシック10講座”

 

【日程】1月31日(日)

【講座№0131A】9時30分~10時30分

【講座№0131B】11時30分~12時30分

【講座№0131C】13時30分~14時30分

【場所】三軒茶屋教室

【講師】神山眞

【講習費】5,000円(税込み)

【内容】 ■1あいさつ ■2:お返事 ■3:立ち方(きをつけ) ■4:座りかたA(いす) ■5:座り方B(体操座り) ■6:歩き方 ■7:集まり方 ■8:視点の定め方 ■9:待機の仕方 ■10:列の詰め方
以上10個の所作です。これらが行われなかった小学校受験は過去になく、今後も行われるので、誰もが必ずや身につけておきたいものです。“脳=快” にした状態で行います。

【対象】新年長の皆さま

【定員】各回9名

【受付方法】1月6日(水)の10時の時報からです。ちきゅうまるの「お申込みフォーム」より、講座ナンバー、お子さまのお名前、読み仮名、性別、生年月日、緊急連絡先(お電話番号)を明記の上、お申し込みください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です