もしも

もしも

 

 

もしも、通っている教室の先生から、お子さまの欠点を指摘されて、

直したくても、どうにもできなくて、落ち込んでいるのなら

 

 

もしも、模擬試験の結果が、思うようなものではなく、

自信を失い、もう、受験自体を、やめてしまいたいと思っているのなら

 

 

もしも、日々のマイナス要因の積み重ねで、子育てに不安を感じ、

やってきたこと自体が、間違いだったんじゃないかと思っているのなら

 

 

一緒に、「宝探し」をしましょう!!

 

 

 

□子どもの身体の中には、宝物が隠されています。

 

□子どもの心の中には、思っていたより、多くの宝物が隠されています。

 

□子どもの魂は、実は、宝物だけでできています。

 

 

 

そして、

 

 

□宝物は、外側に出てくるよりも、内側にあることが多いです。

 

□宝物は、無防備に姿をさらすことはめったになく、ひっそりと隠れていることが多いです

 

□宝物は、遠くにありそうですが、すぐ近くにあります。

 

□宝物は、びっくりするくらい近くにあるので、かえって見つけにくいです。

 

□宝物は、通常は、欠点とか短所と呼ばれるものに、姿を変えていることが多いです。

 

 

 

今日、教室の先生に指摘された、「短所」や「欠点」

それが、それこそが、そのお子さまにとっての「宝物」なのかもしれません。

その子だけが持つ「宝物」なのかもしれません。

 

 

 

「弱さ」

「消極的であること」

「おふざけ」

「融通の利かなさ」

「協調性のなさ」

「あちらこちらに気が散る」

 

 

全て、磨き方を知れば、それらは、例外なく、石ころではなく、間違いなく「宝石」となって光り輝きます。

例外なんてありません。

 

みんな、磨けば、ピカピカに光り輝きます。

眼なんてあけていられないほどの輝きです。

 

 

 

□ちきゅうまるは、「宝物」の探し方を教える教室です。

 

□ちきゅうまるは、「磨き方」を教える教室です。

 

□ちきゅうまるは、今すでにあるものを、「ほら、ここにありますよ」と伝える教室です。

 

 

 

悩んでいたら

迷っていたら

気分がふさぎ込んでいたら

 

ちきゅうまるに乗って、一緒に、子育てと言う大海原を航海しましょう

 

 

 

感謝の意を込めまして 神山眞