ペーパー課題「隣を見ないようにする最良の方法」

 

精神論や道徳論に頼りすぎない!!

 

模試や講習会のたびに

□隣を見てしまうことがあります
□きょろきょろしています
といった評価をもらうと

 

親たるもの

□“う~ん” とうめき声をあげ
□“両手”で髪をかきむしり
頭を抱えてしまうものです

 

対処策と言えば

□隣を見ないように!
□自分で考えるように!
のような“注意喚起的アドバイス”に終始してしまうことが多いのですが

 

ちよっと待ってください!!

□守備のミスが多い野手に
→ミスをしないように!!
は有効ですか!?
□打てないバッタ-に
→今度から打てるようにしよう!!
は有効ですか?

 

ときどきなのかもしれませんが

状況を変えてくれるのは、精神論ではなく、練習や反復だったりすることがあります

 

真夏のオールインワン講座では

□ペーパーをめくったら
→すぐにイラストを見る
□解き終えたら
→すぐに見直す
□“やめ”の合図まで
→目を離さない

 

これらを

私の“掛け声=号令”で
何度も何度も行っています

 

自画自賛かもしれませんが…

□すでに、効果が出始めています
□その効果が、かなり絶大である
そんな確信を得ています

 

精神論や道徳論を土台とした

注意喚起的アドバイスは
絶対に必要です

 

一方

□守備のミスが多ければ
練習をすべきです
□ヒットを打ちたければ
やはり練習を重ねるべきです
これらも間違いのない事実です

 

隣を見ないようにする

その解決法の一つに
“声掛け練習法”を導入することを強くお勧めします!!

 

 

感謝の意を込めまして 神山眞

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です