不安な気持ちを感じた時の対処法

虫眼鏡

不安な気持ちになったなら

 

【うまくいかないとき】

 

時として、うまくいかないことがあります。

いや、うまくいかないことのほうが多いのかもしれません。

 

結果が出ない日々。

そんな日々ほどつらいものはありません。

 

うまくいく保証はどこにもなく、現状を維持することすら許されない状態になることがあります。

 

そんな時は、何をすればよいのでしょうか?

 

ある人は、運動をしなさいと言います。

またある人は、本を読めと言います。

信頼できる人に相談しなさいという人もいるでしょう。

 

しかし、うまくいかないときは、それらの選択さえままなりません。

不安な気持ちのまま、ただ、時が過ぎていきます。

 

不安な気持ち、うまくいかないことに対する焦燥。

それらにどっぷりつかっているとき、思い出すのは、いつも決まって皆さまのお子さまのことです。

 

【初めての子育て、初めてのお受験】

 

初めての小学校受験に挑む、まだ、この世に生まれて5,6年の皆さまのお子さま。

 

うまくいかないことが多くても当然です。

 

だから、

うまくいかないことを、避けて通ってもいいと思います。

 

一方、

うまくいかないことに、粘り強く、何度も何度もチャレンジするのもいいと思います。

 

【いつも応援しています】

 

子どもたちが、どちらの選択をしても、いつも応援しています。

 

さらに、もしかすると、

お子さまだけでなく、我が子のことで、不安に駆られているお父さま、お母さまもいるかもしれません。

 

こんなにつらい思いをしているのは、きっと私だけだと、孤独を感じているお父さまやお母さまもいるかもしれません。

 

【わたしにできることは】

 

私には、問題の解決はできないかもしれません。

しかし、いつも、皆さまのことを応援しています。

いつも、皆さまのお気持ちに寄り添う覚悟です。

 

楽しいとき

うれしいとき

しあわせなとき

うまくいっているとき

 

そんな時は、存分にその状態、気持ち、気分に浸ってください。

ともに喜びあいましょう。

 

でも、万が一、子育てやお受験の過程で、つらくなり、悲しくなり、不安に苛まれ、孤独を感じたら思い出してください。

 

応援しています。

いつもです。

 

皆さまに、

勇気を与えるために

 

皆さまの、

一番の応援者でいるために

 

応援し続けます。

 

そう思うと、

私自身が、不安な気持ちでいることも

うまくいかない日々が続くことも

悪くありません。

 

皆さまの気持ちに寄り添うためには、必要なことなのかもしれないからです。

 

不安な気持ちになった時、

いらだちを感じた時、

 

そんな時は、

人の気持ちがより一層わかる時かもしれません。

 

皆さまの、気持ちに寄り添いながら、

皆さまの成功、幸せを願っています。

 

皆さまの、

お子さまに会える日々に感謝しています。