会話練習だけでは、口頭試問上達は望めない  -口頭試問上達のコツは、「“あいさつ”、“お返事”、“発話”、“姿勢”」にあり!!-

 

ペーパーのない学校はあるが、口頭試問のない学校はない

 

最初に、大事な話を一つ

 

それは、“ペーパーのない学校はあるが、口頭試問のない学校はない”です

 

この事実は、「口頭試問」の、国立小合格者を決める際の“重要度の高さ”を如実に表しています

 

そんなに重要且つ大事な口頭試問なのに…

 

残念なことに、口頭試問練習に取り組んでいる方々は、ごくごくわずか…

 

しかも、仮に、取り組んでいたとしても、ご家庭での練習方法と言えば、ひたすら「質問を繰り返す」になってしまっているのが、現状です

 

皆さまに知っていただきたいこと

 

それは、口頭試問にも、ペーパー同様に、何よりも先に取り組むべき「ベーシックな課題」があるということです。

 

なんだと思いますか?
   ↓
4つありますよ
   ↓
「あいさつ」、「おへんじ」、「発話」、「姿勢」の4つです

 

■1:すばらしいあいさつ

国立小の受験者数は、皆さまおおよそご存知だと思います

敢えてここで実数はあげませんが、“かなりの数”であること、“相当な数”であることは間違いありません

その大勢の中から抜き出るための最初のアプローチ

それこそが、 “すばらしいあいさつ”です

☆“すばらしいあいさつ”をするために欠かせないもの、それは“自信”です
☆“自信”がないと、視線が下がり、相手の顔を見なくなります
☆“自信”がないと、手先(指先)が、落ち着きなく動いてしまいます
☆そして、何よりも“自信”がないと、声が小さくなります

“自信を持ちなさい!!”よく大人が子どもに言うセリフです

ですが、挨拶や口頭試問に関する自信は、自らの力でつけるものではありません

挨拶や口頭試問に関する自信は、他人につけてもらうのが一番です

まずは、小手先のテクニックよりも何よりも、“自信”をつけましょう!!

小さな間違いや、小さな沈黙を、繰り返し繰り返し注意していては、“自信”はつきませんよ!!

 

■2:気持ちの良いお返事

こちらも、まずは、「講習会」で自信をつけてください!!

その上で、ご家庭でも、保育園、幼稚園においても、いつでも相手の顔を見てお返事ができるようにしましょう

呼ばれたときの、気持ちの良いお返事ほど、周囲の目を釘付けにするものはありません!!

 

■3:発話練習にはポイントが5つ

国立小受験における発話する際のポイントは以下の5つです。

① 「相手を見る」
②「適度な声の大きさで行う」
③「姿勢を正して行う」
④「口をしっかりとあける」
⑤「です、ますをつける」

この5つを意識しながら、「口頭試問練習」に励めばこそ、上達が望めるというものですね

 

■:4:姿勢を整える

□「きをつけの姿勢が整っている子」と「だらりとしたきをつけになってしまう子」
□「きちんと座れる子」と「きちんと座れない子」
□「背筋を伸ばしてきびきびとした姿勢で移動する子」と「ダラダラと背中を丸め靴を引きずるように移動する子」

素敵な姿勢を教える際には、素敵ではない姿勢も教える必要があります

「どちらが素敵? どこがいけないの?」

比較することで、子どもたちは真実をつかみ取っていきます。

喧々諤々と話しあい、素敵な姿勢に辿りつくようにしましょう!!

 

最後に一言!!

 

「あいさつの達人」

「お返事の名人」

「生き生きとした発話」

「素敵な姿勢」

 

これらを目指すのなら、まずは、私たち大人が、率先して行いましょう!!

私も名人目指して頑張ります!!

 

 

 

       
感謝の意を込めまして  神山眞