作文添削で、はじめて”魂をゆさぶられました!!”

 

言葉の力!!

 

びっくりしました!!
はじめてです!!

 

国立小学校側からしますと、
作文やアンケートの類は、

 

おそらく、「加点」も「減点」もなし
そういうスタンスになるのかもしれませんが

 

そういったことを、
超越するような「感動的な文章」
もしかしたら、存在するのかもしれません

 

読む人が読んだなら、
「こんな文章をお書きになる保護者の方と
6年間を過ごしたい!!」

そう思う先生が出てきてもおかしくない

 

そんな素敵な文章に
ついについに、出会いました

 

そこには、

「お子さまへの愛情」
「学校への賛同の意」
「謙虚な気持ち」

これら3つが、実に実に、「思い」をたっぷり添えて書いてあったのです

 

「賛同の意」を書く方は多いです

ですが、

「積極的な賛同の意」を書いている方は、意外と少ないです

 

魂を揺さぶられました!!

 

なので、

本日の私の得た学びは以下の3つ

 

1つ目:言葉には、間違いなく力がある!!

2つ目:文章には、人を動かす力がある!!

3つ目:“思い”が、“結果”を引き寄せてしまうことも、
ひょっとしたらあるのかもしれない!!

 

作文添削は、いつもいつも、
勉強になります!!