元旦に紹介 年中さんや年少さんにぴったりな絵本 「さんすうだいすき 第一巻」

 

幼児期は、「知識を増やす」より「へぇー!!そうなんだ!!」を繰り返す

 

元旦の朝から、いきなり絵本の紹介です
その名も「さんすうだいすき①」(遠山啓著)

 

「幼児版:さんすうの教科書」とも言える
全10巻からなるシリーズものです

 

第一巻「どちらがおおきい」は、国立小受験をスタートするのに、まさに欠かせぬテーマの「オンパレード」!!

 

□「どちらの ボールが おおきいか?」

□「もっと おおきい」

□「いちばん おおきい」

□「おおきい じゅん

□「いぬ より ちいさい」

□「どれが だれの てぶくろかな?」

□「ほら こうすれば どちらが ながいか すぐ わかる」

□「あつい ほん。うすい ほん。」

 

「比較」、「順序」、「系列化」、「順対応」、「反対言葉」、「比較の仕方」といった、国立小受験で必須なものが、勢揃いです

 

絵を見て
問いかけられながら

ゆっくりと
正しい順番で

「知識」としてではなく
「わかる」を中心に
構成されている、素晴らしい絵本です

 

問題集を学習する前に
問題集と並行しながら
使っていただきたい

そう、切に願います

 

 

元旦の雰囲気がまるでない、2019年 第一弾は、「絵本の紹介」でした

「さんすうだいすき」は、日本学習図書から発売されています