公開 筑波合格者の学習方法

67_58217662[1]

公開 筑波合格者の学習方法

 

水曜日14時クラスに

1月から通っていたAさん(女子)。

(幼稚園に通っていた。筑波合格)

 

 

水曜日

 

  1. お話の内容理解を1話又は2話

(こぐま会:お話の内容理解口頭問題集)

 

  1. こぐま会:ひとりでとっくん

365日を3ページ

 

授業

 

復習①:今日の授業でやり残したペーパー

 

復習②:教室で配布された家庭用教材

(今日の授業と一致する箇所)

 

復習③:コツコツドリル

(今日の授業と一致する箇所)

※コツコツドリルは、当社で販売中。

 

※①→②→③の順番で行う。

やれるところまでにする。

やりきれなかったら、明日に持ち越す。

 

※ペーパーが続きすぎると、集中力が落ちる。

 

なので、ペーパー数枚(15分)→

手先の巧緻性(塗り絵、ひも結び、ちぎる、

折り紙などの中から一つを5分)→

ペーパー数枚(15分)→

模倣体操(3分)→

ペーパー数枚(15分)

 

といった、「循環式学習法」で行った。

 

就寝前

絵本の読み聞かせ。

 

 

木曜日

 

  1. 話の内容理解を1話又は2話

(お話の内容理解口頭問題集)

 

②ひとりでとっくん365日を3ページ

 

夕方

復習④:昨日の夜の続き。

 

復習⑤:こぐま会:単元別の「ひとりでとっくん」

(昨日の授業と一致するところ)

 

※復習は、週によっては、①~⑤まで、

すべて行うこともあるし、①しか行わない

こともある。

 

その判断基準は、

第一に「時間的余裕」があるかどうか。

 

第二は、「志望校の傾向性にあっているかどうか」

 

※残った「家庭用教材」と「コツコツドリル」は、

「まとめの時期」に取っておく。

 

まとめの時期は、受験本番までに何回か作ります。

 

大きなまとめは、

「受験日2か月前~当日」、と「夏休み」

小さなまとめは、

「春休み」、「GW」、「週末」など)

 

※やはり、「循環式学習法」で行う。

(ペーパーと対をなすものは、

「手先の巧緻性」の日もあれば、

「運動」、「口頭試問」の日もある。)

 

 

金曜日

 

  1. 話の内容理解を1話又は2話

(お話の内容理解口頭問題集)

 

  1. ひとりでとっくん365日を3ページ

 

夕方

習い事

 

復習④:一昨日の夜の続き。

 

復習⑤:単元別の「ひとりでとっくん」

(一昨日の授業と一致するところ)

 

※④も⑤も終了していたら、

時間をかけて、「手先」又は「運動」、

「口頭試問練習」を行う。

 

就寝前

絵本の読み聞かせ。

 

 

土曜日

 

①お話の内容理解を1話又は2話

(お話の内容理解口頭問題集)

 

②ひとりでとっくん365日を3ページ

 

午前中

志望校に必要な学力を養う。

 

※「ひとりでとっくん4 位置の対応」

から始まり、筑波に必要な問題を、

週末に行った。

 

※同じジャンルのものが続くと、

飽きてしまうので、「コツコツドリル」の

後半に入っている「予想問題」も、

週末に行った。

 

※「間違えたボックス」に入っている

ペーパーも行った。

 

午後

習い事を含めた外出。

 

就寝前

絵本の読み聞かせ。

 

 

日曜日

 

  1. 話の内容理解を1話又は2話

(お話の内容理解口頭問題集)

 

②「間違えたボックス」に入っている

ペーパーを行う。

※時間を決めて行う。

(30分なら30分)

 

午前中~

自由な時間。

たくさん遊ぶ。

 

 

月曜日

 

  1. 話の内容理解を1話又は2話

(お話の内容理解口頭問題集)

 

  1. ひとりでとっくん365日を3ページ

 

 

夕方

日曜日までが順調であれば、

時間をかけて、「手先」又は「運動」、

「口頭試問練習」を行う。

 

就寝前

絵本の読み聞かせ。

 

 

火曜日

 

①お話の内容理解を1話又は2話

(お話の内容理解口頭問題集)

 

②ひとりでとっくん365日を3ページ

 

夕方

明日の授業の「先取り学習」。

カード教材や具体物を使った、

対話を重視した学習。

 

就寝前

絵本の読み聞かせ。

 

 

 

今、この時期は、授業の復習に

最も力を入れていただきました。

 

たとえば、「1対多対応」を行った週は、

『「1対多対応」に関しては、

もう大丈夫。完璧。

 

あとは、「まとめ」の時期を通して、

発展、成長させていけばよい』というところ

まで持っていけるように頑張りました。