口頭試問が苦手な理由を、“性格だからねぇ”の一言で済ませてしまっていいですか!?

 

苦手でも大丈夫!!恥ずかしがりやさんでいいんだよ!!『本道先生の真夏の口頭試問講座』

理念

「引っ込み思案」、「恥ずかしがり屋さん」、「声が小さい」は、「性格だからねぇ」の一言で片づけられてしまうことが多いです。

しかし、本当にそうでしょうか?「性格だからねぇ…」が、「経験」を少なくしてしまい、「はずかしい…」や「無理だ!!」を助長させてしまっているとってあるんですよ。

「経験」を増やし、「受け入れてもらった感覚」を何度も感じとることで、ゆっくりと自信をつけることが可能です。本道先生にお任せください。

 

内容

真夏の口頭試問講座では、「私立小で出題された課題が、国立小でも出題される」をテーマに徹底的な反復練習をします。

■1:触策課題「これはなんだろう!!」

<内容>
◇何が入っているのかわからない状態で、袋の中のものを触ります。
◇どのようなものであるのかを表現します。
◇発表する形式で、まずは、思いついたことを言葉にしてみることにチャレンジしてみます。

<必要度>
AAA:お茶の水小、大泉小、私立小ノンペーパー校
AA:竹早小
A:小金井小、筑波、世田谷小

■2:「反対言葉ゲーム」

<内容>
◇「これは短い鉛筆です。反対は何と言いますか?」
◇「これは熱いお茶です。反対は何と言いますか?」
◇「これは太い木です。反対は何と言いますか?」

<必要度>
AAA:お茶の水小、大泉小、小金井小、私立小ノンペーパー校
AA:竹早小、筑波、世田谷小

■3:「制作と口頭試問の複合課題」

<内容>
2か所に穴が開いている台紙が渡されます。その穴にひもを通して、ちょう結びで結びます。→「この紙を今からお誕生日カードにします」
◇「どんな絵をかきますか?」
◇「誰に渡したいですか?」

<必要度>
AAA:お茶の水小、大泉小、私立小ノンペーパー校、竹早小
AA:筑波、世田谷小、小金井小

■4:「即答法や復唱法を使った全肯定発話練習」

最頻出課題を使った、「肯定感」を養うための大量活動型練習にチャレンジ!!

 

「復習+新しい課題」のバランスがちょうどよい講座『本道先生の真夏の口頭試問講座』

【日時】8月10日(木)9時30分~11時00分

【場所】中野(「アイル学院 中野教室」で検索しますと、地図が出てきます)

【会費】6,600円(税込み)

【講師】本道先生とアシスタントの先生が1名です

【対象】年長の皆さま

【受付開始】7月29日(土)の10時の時報からです。定員になり次第、締め切らせていただきます。ちきゅうまるブログの「お問い合わせ・お申込みフォーム」よりお願い致します。「講座名」を明記の上、「お子さまのお名前(読み仮名)」、「生年月日」、「ご住所」、「お電話番号」もご記入願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です