問答無用の世界

問答無用の世界

 

「国立小受験に役立つ“習い事”ってありますか?」
聞かれることがあります。

 

私は、「型」のある習い事を勧めます。

 

「書道」、「柔道」、「空手道」、「茶道」…
といった「○○道」と呼ばれるものには、必ず「型」があります。

 

バレエにも、「型」があります。
ピアノにも、バイオリンにも「型」があります。

 

「型」は、ある意味、“問答無用の世界”です。

 

「どうして、座る時は“正座”なんですか?」
「どうして、左足から踏み出すのですか?」
「どうして、肩に載せるのですか?股に挟んではダメですか?」

 

そういった、「どうして?」が、一切通用しない世界
それが、「型」だからです。

 

「型の世界」
「問答無用のシステム」
それらを、「没個性」に結びつける方がいるかもしれません。

 

一見、そう見えるかもしれませんが、私個人の見解としては、「型」を模倣し、「型」を反復し、「型」がその人の一部になった時、はじめて、「本物の個性」が発揮されるような気がします。

 

個性の考え方は、人それぞれではありますが、いずれにしても、「型」を学ぶことで、「良き姿勢」、「習う際の心構え」、「取り組み方」まで、身につけることができます。

 

幼児期に、習い事で迷ったなら、「型」のある習い事をお勧めします。

 

 

 

感謝の意を込めまして 神山眞