本番当日に”持って来ておいてよかった”と心から思う意外なものとは?

 

“あー なんで持ってこなかったんだろう…”にならないために

 

なるほど!!

□寒い日ならでは
□雨の日ならでは
□スマホNGならでは
ということなのですね

 

当たり前すぎる

□大きめのカバン
□靴袋
□着替え
□折り紙
などは、敢えて外します!!

 

それでは“発表”

ひざかけ(お母さまからの意見が圧倒的)

ホカロン(確かに!雨の中、外での待機だった大泉小初日では、もう握りしめるような感じだったのでは!)

腕時計(スマホでの時間確認ができません!)

セロハンテープ&安全ピン(ゼッケンのだぶつき解消に安全ピンだったりして、昨年の筑波のようにヘアバンドがなくなり、胸上部と背中上部につけるシールの補強にセロテープだったようです!)

(待機時間の控室の主役は“読書”なのですが…内容は全く頭に入ってこないそうです!)

 

本番当日に

“なんだ、必要なかったかも”は、大いにありですが、“あー、あったらよかったのになぁ…ブルブル”にはならないようにしたいものですね!

 

 

感謝の意を込めまして いつもB5サイズのチャック袋に、“ありとあらゆる薬”をいれて持ち歩います。ことごとく、何も起きないので減らないのですが、チャック袋の大きさに比例して安心感が大きくなります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です