国立小学校 こんな素敵な学校に行ってみたい!!

number_0

 

国立小学校 こんな素敵な学校に行ってみたい!! 

 

 

 

【凄い本が売っていました】

 

凄い本を見つけました。

執筆者は、7人。

全員、筑波大学附属小学校の算数の教師です。

 

書籍名は、「板書で見る 全単元・全時間の授業のすべて」

全国の小学校の先生のために書かれています。

明日からでも授業で使えそうな、「板書の仕方」、「授業の進め方」、「声掛け」、「評価の仕方」が満載です。

 

 

【1年生時(入門期)の算数活動】

書籍の中では、なぜか、「算数の授業」という言い方だけではなく、  「算数的活動」という言葉が使われています。

 

それに関する理由が、ずば抜けています。

 

「算数は先生に教えてもらうもの」という意識をここで、もたせたくはない。「算数の授業はみんなで考え、みんなで作っていくものだ」という意識をもてるように、算数的活動を取り入れながら授業を組み立てていく

 

みんなで考え、作っていく算数の授業って素晴らしいですね。

それでは、どんな授業なのか、早速、一つ覗いてみましょう。

 

 

【0の意味について知る】

 

「じゃんけんゲーム」で、「0」の必要性に気づかせます。

 

やり方はいたって簡単。

  1. 5つのマスがかいてあるカードを全員に配る。
  2. じゃんけんの相手を見つけ、勝負をする。
  3. 勝ったら○、負けたら×を記入
  4. 5回行う

 

たったのこれだけです。

楽しいから、相当盛り上がることでしょう。

 

○が5個のカードは、「×がない」となります。

反対に、×が5個のカードは、「○がない」となります。

そして、「ない」を表すのに、「れい」という数詞を対応させ、「0」と書くことと書き方を知らせます。

 

しかし、授業はここで終わりません。

 

 

【「0」さがしをしよう】

 

最後に「0」の場面を探し発表するようです。

 

「サッカーの試合で、“2対0”っていうよ」

「“3,2,1、0発射”っていうよ」

「“10や100にも0があるよ”」

 

という具合にです。

 

ゲームや試合における0

なくなったこと、ないものを表現する際の0

100や1000といった数の表記における0

 

筑波の先生にかかれば、0についての学びが、ここまでの広がりを見せます。

圧巻です!!

 

“こんな授業を、自分も受けてみたかった”

そんな、授業ですね。

 

 

 

 

 

3月6日の「国立小学校合格勉強会」、お席の確保ができました。

18人のお部屋から、40人のお部屋に変更していただきました。

なので、まだ大丈夫です。

ぜひ、参加なさってください。

心からお待ちしております。

神山眞