国立小学校受験 『お話の内容理解で満点を取るためのちょっとした工夫 PART3』

 

読み手を一人だけに限定しない

近年の国立小学校のペーパー課題は、「お話の内容理解」は、テープ(CD)の音声で行い、それ以外は、担当の試験官の肉声で行うことが多いようです。※昨年の大泉小はすべてテープの音声でした。

 

なので、本気で「お話の内容理解」で、満点を取りに行くのなら、テープ(CD)から流れる音声に慣れておく必要があります。しかし、市販のお話の内容理解の問題集でテープ(CD)付きのものは、ごくわずかしかありません。しかも、国立小学校のペーパー対策に最適なものとなると、なかなか探すことが難しいです。

 

そのような状況であっても、どうか諦めないでください。ベストがだめならベターで行きましょう。ベターな選択、それは“読み手を変える”です。いつもお母さまばかりが読んでいらっしゃるのでしたら、ときどきは旦那様や、お友達に協力してもらってください。

 

本番の声は誰にもわかりません。男の人の声の時もあれば、女の人の声の時もあります。なので、どうか、読み手が一人だけにならないように、テープの活用、他の方の協力といった方法も試してください。

 

 

国立小受験に挑むことで、親子ともども成長しませんか?「ライブ配信:国立小学校進学という選択」

【場所】ライブ配信

【日時】10月09日(土)16時00分~17時30分
    10月11日(月)10時30分~12時00分

【費用】無料(会員登録が必要)

【受付期間】9月6日(月)~10月9日(土)15時59分

【お問い合わせ】 03-5990-5834(まなびの芽事務局・担当鈴木)

【定員】500名様

【内容】『小学校を選びませんか?国立小学校進学という選択』

■公立小ではない選択
 1:「学費」の比較
 2:「学力」の比較
 3:「魅力」の比較
 4:「メリット-デメリット」の比較

■もしも、国立小受験を決意したのなら
1:知っておくべき基礎知識
  ・実験的研究及び実証を行う学校
  ・附属小ではあるけれど
  ・受験の時期
  ・抽選/検定の方法

2:小学校受験準備の進め方
  ・今日から始められることは何?
  ・「お受験生活」のメリットとデメリット
  ・やっぱり教室に通わないとダメ?
  ・「教室型」、「家庭学習型」、「家庭学習&講習会型」のどれを選ぶのか?
  ・「国立小一本」なのか、「国立小と私立小の併願」、どちらにするのかを考える。

■年長さんになる前に、ご家庭で取り組んでおくべきこと
1:国立小学校受験は、全て「○○」から始まることを知る
  ・「お話の内容理解」って何だろう?
  ・「パターン学習」だけでは、通用しない
  ・話を聞くために、整えておくべきこと

2:「いきなりペーパー」はNG?
  ・ペーパー以外に「製作」、「運動」、「口頭試問」、「行動観察」
  ・全部で5つの課題から成り立っている
  ・保護者の方々のかかわり方を、私立小と対比することで、理解しておく
  ・中学入試、高校入試とは違う合格基準について考えてみる
  ・ペーパーの得点が、合格基準のすべてではない
    1)所作
    2)お約束
    3)身辺自立
    4)園生活
    5)家庭での過ごし方

 

参加ご希望の方は!!ここをクリック→ まなびの芽 国立小学校受験対策専門サイト|まなびの芽 国立小学校受験対策サイト (manabinome.co.jp)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です