子どもは、「二重構造の言葉」に敏感です!! だから、“励ます!!”の次は→”励ます!!”→その次も、やっぱり”励ます!!”

 

心の奥底まで、”励ましの錨”をおろす!!

 

受験勉強にも
子育てにも

 

励ましの言葉は欠かせません

 

「できるよ!!」、「大丈夫だよ!!」、「頑張ったね!!」、「凄いねぇ!!」、「良かったね!!」、「ありがとう!!」、「うれしいな!!」、「いいねぇ!!」、「助かったよ!!」、「間違えたっていいんだよ!!」

 

たくさんの励ましの言葉を受けて、子どもたちは成長していきます

 

ですが、
励ます際にひとつだけ気をつけなければならないことがあります

 

それは、
(でも、~)
をつけてしまわないようにすることです

 

「大丈夫だよ!!」
(でも…本当に大丈夫かな)

 

「できるよ!!」
(でも…できっこないよな)

 

「頑張ったね!!」
(でも…頑張っただけではね)

 

「間違えたっていいんだよ!!」
(でも…本当に間違えられたら困るよ)

 

上記のような「二重構造の言葉」に、子どもは実に実に敏感です。

 

なので、励ましの言葉を、我が子に言う前に、
一度心の中で、自分で納得がいくまで反芻しましょう

 

励ましの言葉が、波間を漂ってしまわないように、
錨を下ろすが如く、自分の心の奥底へと、深くおろすのです

 

そのときはじめて、

 

「できるよ!!」、「大丈夫だよ!!」、「頑張ったね!!」、「凄いねぇ!!」、「良かったね!!」、「ありがとう!!」、「うれしいな!!」、「いいねぇ!!」、「助かったよ!!」、「間違えたっていいんだよ!!」

 

それらの言葉が、お子さまの心に勇気を与え、
お子さまの表情に瑞々しさを与えるでしょう

 

心の底からの、「間違ってもいいんだよ」の言葉に、
子どもたちは安心し、もう、隣を見ることもなくなるはずです

 

言葉と思いが一致せず、波間を漂い始めたら、
一人の時間を作って、「励ましの錨」を、心の底へとおろしましょう!!

 

 

 

 

感謝の意を込めまして  神山眞

 

 

 

 

 

 

 

 

 

筑波対策は以下の日程で行われます

12月1日(土)900~1040 吉祥寺 筑波講座1
12月2日(日)900~1040 池袋 筑波講座1
12月3日(月)15001640 池袋 筑波講座2
12月8日(土)900~1040 吉祥寺 筑波講座2
12月9日(日)時間未定 三軒茶屋 勇気100倍講座

受付は、抽選後となります