子育てについてまわる、「どうしてこんなことが…」への対処法

 

毎日が順調であるこに越したことはないのですが…

 

毎日がうまくいき
毎日が順調で
毎日が朗らかで
毎日が予定通り
これらは素晴らしいことです

 

ですが、子育てをしていると
なかなか、そうもいかなくて

 

「どうして?こんなことが」
「なぜ?昨日までは順調だったのに」
みたいなことが時としておきます

 

落ち込みが激しく
つらさに耐えられない
気持ちが不安定で
心が押しつぶされそうになる

 

そんな気持ちわかります
わたしも、何度も何十回も何百回も
そんな気持ちを経験してきました
そんな気持ちに襲われました

 

でも、いまはこんなふうに考えるようにしています
“変わるときは、成長の時”
“痛みがあるときは、成長の時”
“不安な気持ちは、成長のお知らせ”

 

子どもと接していると
子どもは形を変えて
色々な方法をとって

 

“成長したいんだ”
“今が成長の時なんだ”
ということを親である私たちに伝えてくれます

 

子ども自身も、成長の時は、自分でも気が付くことができないから
失敗したり
イライラしたり
泣き叫んだり
といった具合に、つねに不快感をまとっていたりします

 

うまくいかないことが子どもに現れても
あるいは、親である私たちに現れても
はたまた、家族と言う形に現れたとしても

 

それは
“変化する時”だし
“成長へ向かっているサイン”です

 

こわいけど
つらいこともあるけど
負荷がいつもよりかかるけど
乗り越えた先には、必ず成長が待っています

 

いつも、皆さんのお子さまの成長を応援しています
そして、私自身も、良きアドバイスができるように成長し続けます

 

でも…
なんだかんだ言っても

 

調子が出ない時って
「励ましの言葉」や、優しさのある言葉」
「大丈夫だよ」の安心を抱ける言葉が
必要ですよね

 

そんなときは、地球丸に来てください

いつもそのような言葉で溢れていますよ!!