幅跳びの飛距離を伸ばすコツ

小金井小、大泉小で出題される
「幅跳び」の飛距離を伸ばすコツ

 

 

50cm以上、飛距離を伸ばしたいのなら、

 

①体幹の力をつけます

②脚の力をつけます

 

そういった、「基本的な筋力」を、つける必要があります。

ある程度の「月日=時間」が、必要になります。

 

 

 

でも、10センチとか20センチくらいだったら、

 

①膝の曲げ方

②踵の上げ方

 

といった、ちょっとしたコツ」を、知ることで飛距離を伸ばすことが可能になります。
そんなに、「時間」を要しません。

 

 

「手を振る」とか、「腰を落とす」といった、「コツ」を知っている方は多いです。

 

ですが、さらに、「コツ」を突き詰めると、「ひざ」と「かかと」に、飛距離を伸ばすコツがあることがわかります。

 

これらは、意外と知られていません。

 

 

「コツ」を知り、「コツ」をつかむと、それだけで、以前よりも、

 

□幅跳びの飛距離が延びます

□片足バランスのフォームが安定します

□クマ歩きのスピードが上がります

□ケンパーのぐらつきがなくなります

 

 

評価をしてくれる講習会や模試は多いけれど

コツを教えてくれる講習会や模試は少ないです。

 

 

上達のコツを知りたい

そんな時は、「運動の達人」にお任せください。

 

運動の達人
絶賛発売中!!

 

 

※皆さま、誠にありがとうございます。
現在、予想をはるかに超えるご注文をいただいております。
その為、発送が少し遅くなっています。
ご注文をいただいてから、3~4営業日のお時間をいただきます。
ご迷惑をおかけして、大変申し訳ございません。

 

運動の達人は、YouTubeで視聴することができます。
YouTubeで視聴したい方は、こちらをクリック!