年中さん、年少さんのお子さまをお持ちのお父さま、お母さまへのメッセージ “国立小合格のコツは、「記憶の再現」にあり!!”

「おぼえた!!」ではもったいない!!
“記憶の再現”こそが、国立小合格の秘訣

 

記憶できる子はたくさんいます

 

ですが、
「記憶を持続、定着できる子」は少ないです

 

さらに、
「記憶を再現できる子」は、もっと少なくなります

 

国立小受験で「合格」を目指すのなら

 

記憶したことを

維持・定着させて

再現する

 

この3工程ができるようにする必要あります

 

もしも、皆さんのお子さまが
いま、年中さんであるのなら、
まずは、「記憶の維持・定着」までができるようにしましょう

 

そこで、本日は、記憶の維持・定着にもってこいの「カードゲーム」を紹介します

 

その名も

「テディーメモリー(memory)」

 

クマの形にくりぬかれた厚手のカードを使って神経衰弱をします。

全部裏返しにして順番に2枚ずつめくっていき、同じ絵柄が出ればもう1回できます。

たくさんのカードを集めた人が優勝です。

 

なんだか、どこかで、やったことがあるゲームですね…

 

そうです!!
これ、「神経衰弱」なのです!!

 

くまの形をしたカードが、とてもとても、お子さま好みになっています。

赤ちゃんクマ、パジャマグマ、笹の葉パンダ、クッキーグマ、グミグマ、アイスグマ、怒りグマ、色々なクマが現れ子どもたちは、みな大喜びです

(※あまりのデザインの素晴らしさに、先日の授業終了後、かなり真剣な顔で、年中のお子さまに「先生、これ、持って帰ってもいい?」と聞かれました!!)

 

「ルールを守る」
「順番を決める」
「他者の動きをしっかりと見る」
「勝敗がついた後の態度」

 

上記4点に重きを置きながら行うと、立派な「行動観察対策」ともなります。

 

記憶する→記憶の維持・定着までが、スムーズに身につき、
さらに、「行動観察時の所作を学ぶことができる」

 

「テディーメモリー」は、 ラベンスバーガー社Ravensburger(ドイツ)のメモリーゲームです

 

 

 

感謝の意を込めまして 神山眞