忍耐の限りを尽くして祈る

 

夜、我が子が寝息を立てていて
朝、我が子がぱちりと目を開ける
これらに勝る幸せは存在しない

 

忍耐の限りを尽くし、祈っている人がいるとしたら
もしかしたら、いま、その人は
とてもつらい状況にあるのかもしれません

 

子育てをしていると
時に、思いもよらないことが起きます
時に、悲しくて涙が止まらないことがあります

 

突然の病
突然の事故
幼稚園(保育園)や日々の生活における困難や苦難

 

大好きなのに、うまく気持ちが伝わらない
愛しているのに(から)、怒りすぎてしまう
今すぐ会いたくても、仕事が忙しい

 

子育てで
つらいときや悲しいときに
“我に艱難辛苦を与えたまえ”
とはなかなか言えないものです

 

忍耐の限りを尽くし、祈る以外にない
そのような状況である人に向けて
そのような悲しい気持ち人に向けて

 

何も解決策を提示できなくて
何もできなくて
申し訳ないのですが

 

私も、祈らせていただきます
忍耐の限りを尽くし、祈ります

 

夜、我が子が寝息を立てていて
朝、我が子がぱちりと目を開ける
当たり前のように感じますが
これらに勝る幸せは存在しないのかもしれませんね