我が子を思う気持ち

 

 

昨日、筑波大学附属小学校の試験が終わりました。

これで、国立小学校(都内)の全日程が終了です。

 

私にとって、実に、多くの「学び」や「気づき」があった1年でした。

 

その中でも、1番心に刻まれた「学び」

それは、“親がどれだけ我が子のことを思っているか”です

 

「親が子どもを愛している」

「我が子のことが好きで好きでたまらない」

「うまくいったときも、失敗した時も涙が出てしまう」

 

これらの事実をきちんと理解して

心に落とし込んで

親が子を思う気持ちに一歩でも近づいて

皆さまのお子さまと接していきたい

改めて学ばせていただきました。

 

テクニカルに受験情報を集め、その情報を提供する

これらは、確かに私たちにとって大事な仕事です。

 

しかし、そこに重きを置いた指導はしない方がいい

そのようにも思えてきました。

 

これからも、1番大切なことを、思い切り、存分に、お子さまに伝えていきます

そんな、勇気を与えてくださった、「今年出会った全ての方」に「ありがとうございます」の気持ちでいっぱいです。

 

これからも、同じ「子を持つ親」として、共に学ばせていただければ幸いです。

 

 

 

 

感謝の意を込めまして    神山眞