我が子を褒めてあげたい

 

明日は、最後の一日

 

我が子を褒めてあげたい

 

この言葉を目にすると、
もう、涙が出てきてしまいます

 

どうであれ
なんであれ

 

褒めてあげたい

 

寒い日
高熱が出た日

 

頑張った日
失敗したかもしれない日

 

知らない場所で
知らない人と

 

お母さんと離れ
お父さんと離れ

 

ひとりっきりで

5歳や、6歳の子が、頑張る

 

涙が出そうになっても頑張る

涙がこぼれてきたとしても頑張る

そんなみんなのことを

 

もう、褒めてあげたいです

 

皆さまのお子さまのことを、
褒めて、褒めて、褒め続けたい
そんな気持ちでいっぱいです

 

国立小の先生方も
きっと同じ気持ちでしょう

 

明日で、東京都国立小6校の試験が全て終わります

 

最後の一日まで、お供させていただきます

 

 

 

感謝の意を込めまして  神山眞