手先が器用になれば、それで製作はOKだろうか!?

 

今日はズバリ一言!!

 

手先が器用に動く
指先が思った通りに動く
それは大事、そこを製作では目指すべき

 

だけど敢えて言います
製作はそれだけではない!!

 

ここのところのZoomを使った講座で、”使い終わった後の→ハサミが開きっぱなし&スティックのりがあきっぱなし”になっていることがあります。これ、かなり、ものすごく気を付けるべきです

 

机の上は自分で整理する習慣をつけておきます
机の上の作業の場所を自分で作れるようにします

そのためには、あまりお手伝いをしすぎてはいけません

 

Zoomの画面を見ていると、「となりのちきゅうまる」でも「レギュラークラスの皆さまの授業」でも、お子さまが作業を終えるごとに、画面の端からにょきっと手が伸びて、ハサミやノリ、ゴミを片付けてしまっています。

 

これ絶対にもったいないです。
自分でやれるようにしましょう。
本番は『にょきっと手』ができませんからね!!

 

あと、もうひとつ!!
どんなに手先指先が動いても、指示をしっかりと聞き、お手本をしっかりと見て、記憶して工程通りに行わないと完成しません。それが指示製作です。

 

奥が深いですね。
だからこそ、今年は、『Zoomを使った指示製作に凝ってみようかな』
そう思っています。ご期待ください!!

 

 

感謝の意を込めまして ちきゅうまるの神山でした