数の課題は、数の課題だけを行っていても、解決しないかもしれない

あー!!ケアレスミスをなくしたい!!

 

分類計数、数の多少、同数発見に関する質問をよくいただきます。

「ケアレスミスが多いんです」
「スピードがでません」
「やってもやっても、成果が出ません」

これらが主な質問内容です。

 

 

「数課題」が、間違いなく出題される、小金井小、大泉小
そのような学校が、第一志望の皆さまにとっては、かなり切実な悩みですね。

 

 

でも、どうか、諦めないでください。

 

 

数課題を、「正確」に、そして「スピーディー」に解きたい!!
そのような皆さまのための解決法
実は、いくつかご用意できます。

 

□ペーパー以外のアプローチを試みる方法
「おはじき」、「音の計数」、「動いているものを数える」など

□数カードを使って、数の見立てをつける方法
こぐま会の数カードがベストです。

□正しい問題集を、正しい量、正しい頻度で行う方法

□継続の力を用いた方法

 

これらは、必ず行うべきです。
行わないで、「正確さ」と「スピード」を得ることは難しいですね。

 

でも、
「そんな方法、もうやったよ!全部やった!」
「でも、まだ、成果がでないんだ!」

 

 

そんな時は、「別な角度」からアプローチをする必要があります。

「数課題」を、「数へのアプローチ」だけで学習しない方法です。

 

 

実は、「分類計数」や「数の多少」、「同数発見」、「積み木の計数」などは、「目で追う」→「その数だけ○をつける」
簡単に言うと、このような「流れ」で行なわれます。

 

 

でももっと、細かく見てみると

以下のようになります

 

 

■1:「見立て」

「どこから数えるのかの見立て」=分類計数
「どちらが多いのかの見立て」=数の多少
といった「見立て」から始まります

 

■2:「注意力」

その後に、「目で追う」や「目で探す」
といった「注意力」が必要とされます。

 

■3:「作業能力」

次に、「目で追ったものに斜線を引く」、「目で追ったものを指でさす」
などの「作業能力」

 

■4:「記憶力」

さらに、「その数を記憶にとどめる」
の「記憶力」

 

■5:もう一度「作業能力」

「記憶した数を○などの形にしてかいたり、つけたりする」
といった、やはり「作業能力」

 

 

数課題と言えども、これだけの工程ののちに、解答が導き出されるのですね!!

 

だとしたら、ただ、「できないなぁ…」だけではなく

診断というほど、大袈裟なものではありませんが、「何がうちの子には欠けているのかな?」の視点で、多角的にお勉強をみてあげる必要がありますね。

 

幼児期の学習は、必ず「何か」と「何か」が絡み合っています。

 

それを探らずして、
「うちの子は数が苦手」
「うちの子は図形のセンスがない」
「うちの子は聞き取る力がない」
と決めつけてしまうのは、ちょっと、もったいないかもしれないですね。

 

 

そんな、「もったいない」の精神を重んじた勉強会「大人の神山塾」が、9月3日に八重洲で開かれます。

 

 

-9月の大人の神山塾-

□日程:9月3日(月)の10時開始(12時終了)

□場所:イオンコンパス 東京八重洲会議室 RoomF
「東京駅」八重洲中央口より徒歩4分
東京都中央区京橋1-1-6越前屋ビル4階

□内容:「国立小受験に必要な“数課題”と“図形課題”についての多角的学習法」

□お申込みは、「お問い合わせ・お申し込みフォーム」より、お願い致します。「お名前」と「講座名」を明記の上、お申込み頂けると、とてもありがたいです。

 

※「大人の神山塾」は、毎月1回、エジソンクラブ様主催で、2年前より、「小学校受験定期勉強会」という名称で行わせていただいております。
塾や教室の先生、保護者の方々、様々な方が参加してくださっています。
神山からの一方的な講義ではなく、皆さまからのご意見、アドバイスをお聞かせいただきながら進行させていただきます。

□定員:20名

□参加費:3,000円(会費のお支払いは、直接会場にてお願い致します)

それでは、皆さま、必ずや有益なお時間となるように、一生懸命準備を勧めさせていただきます。