断言「幼児教室の力だけで合格できた子はひとりもいない!!」

 

-お詫び-

すみません。
かなり勘違いさせてしまいました。

昨夜の18時6分から、「神山が休みに入った」そう思われている方が多いです。

確かにそれは事実です。
ところが休みは休みでも、「南の島のリゾート地で海水浴」とか「牧場で羊と戯れる」といった休みではありません。事務所の電話の前で、パソコンの前で「ぼーっと」しているだけです。

“お休み中にメールをしてしまいすみません”や“お休みが終わった日曜日に電話をします”のご連絡をいくつもいただいて気がつきました。

受験に関するご報告は、お電話も、メールも「絶賛受付中」です!!

27日(金)=14時~20時まで大歓迎
28日(土)=8時~20時まで大歓迎
29日(日)=8時~14時まで大歓迎

勘違いさせてしまい、本当に申し訳ございませんでした。

 

 

小学校受験は「個人競技」ではなくて「団体競技」

 

●幼児教室に「合格の鍵」はありません

●ご家庭の中にこそ「合格の鍵」があります

●幼児教室では「我が子ではない他の誰か」
進度をあわせる可能性があります

●ご家庭では「その子だけの発達」
応じた進め方ができます

●幼児教室は「補助的役割」を果たします

●ご家庭が「補助的役割」を果たしてはいけません

●ご家庭こそが「受験準備の主役」になった時
「合格の鍵」が見つかります

 

小学校受験は「個人競技」ではありません
小学校受験は「団体競技」です

 

だからこそ
『家庭の力で準備を整え』ます

そのサポートを
「幼児教室=ちきゅうまる」が行います

 

ペーパー学習指導も製作指導も
口頭試問も、行動観察も、運動も
ちきゅうまるは行います

 

ですが
最も、ちきゅうまるが力を入れるのは

●素敵な家族の在り方

●あたたかな親子関係

●快の気持ちで行う

●快の心持で取り組む学習

敬意を持った我が子への接し方

だったりします

 

ちきゅうまるは

合格至上主義ではありません

合格実績を主軸にしていません

●授業をよくできる子の進度に合わせません

●無理に伸ばしません 無理に引っ張りません

●はじめて来たその日から比べてお別れの最終日までに「どのくらい成長したのか」を目標に授業を行います

 

そんな、ちきゅうまるでも「いいんじゃない」
そう思う方がいましたら
「体験授業」にいらしてください!!

 

 

感謝の意を込めまして 神山眞