日和見的に、あれもこれもやってしまうことのリスク

 

「これは続けるべきかどうか」
をいったん立ち止まって考える

 

たとえば、あいさつの練習
たとえば、運筆の練習
たとえば、ひもむすび
たとえば、ケンケン

 

教室に通うたび
講習会に出るたび
勉強会や講習会に出るたび
お友だちからのアドバイスを聞くたび

 

やるべきことが
どんどん増えていきます

 

良いといわれたことは
試してみた方がよいです

 

ですが
一度や二度試しただけで
「子どもの力」になるものは
おそらく「何一つ」ありません

 

「ためす」→「いつのまにかやめている」
こればかりを繰り返しても

 

なんだかいろいろやってきたけど
「結局、本番で実際に使えるレベルには、ならなかったねなんてことになってしまいます

 

「ためす」の次は、「やめる」ではありません

「ためす」の次は、「何が何でも根性で続ける」でもありません

 

ためしたものを、根性で全部続けてしまうと
いつしか、やるべきことが、「飽和状態」になってしまうことは、経験上間違いのないことです

 

STEP1:「ためす」→「続けるべきものかどうか考える」
STEP2:続けるべきものと決めたら→決意して続ける

 

これこそが、おそらくベストなサイクルです

 

幼児期は、「反復」することでしか、「身につかないこと」が多々あります

 

「お試し」ばかりではなく
「がむしゃらに続ける」ばかりでもいない

 

ためして

選んで

「続ける!!」

 

このサイクルを、ある一定期間以上続けてみましょう

 

そこで得たものこそが、本番でも通用する本当の力です

 

 

 

感謝の意を込めまして  神山眞