時間がない! 小学校受験 新しいものに取り組む際に気をつけること

消しゴム

時間がない! 小学校受験 新しいものに取り組む際に気をつけること

 

 

【やることが多い。でも、時間がない】

 

小学校受験に取り組んでみて気づくこと。

それは、「やることが多い」ということです。

 

小学校受験に取り組むと、時間がいくらあっても足りません。

 

「暇で暇でしょうがない」、「時間が余ってしまって何をしたらよいのかがわからない」という方は、皆無なのではないでしょうか?

 

一度やったペーパーも、忘れてしまうことがほとんどです。

もう1回、もう2回と繰り返すので、時間が足りなくなります。

 

授業や講習会に出るたびに、「あれをやるべきです」、「ここができていないから、やらなきゃダメです」と言われます。

すると、新たにやるべきルーティンが、また増えます。

 

今まで行ってきたこと+新しく取り入れること

「やるべきこと=ルーティン」は、増える一方なのです。

 

ますます時間がなくなります。

 

 

【何かに新しく取り組むときは】

 

何かに新しく取り組むときのコツ。

それは、「やらないものを先に決める」です。

 

テレビを見る時間を減らす(やめる)。

習い事をやめる。

ひらがな練習のワークをやめる。

ジャポニカ学習帳に○△●□▽をかく練習をやめる。

記憶練習をやめる。

聞き取りのドリルをやめる。

 

何からやめるべきかは、悩むところです。

 

 

【“いつかまたやるもの”と“もう2度とやらないもの”】

 

やめるもの(減らすもの)を決めたら、何をやめた(減らした)のかが、あとからわかるように目立つ場所に記入しておきます。

 

やめたものの中には、あとから再びルーティンの中に組み込むものもあります。

 

ここは、ものすごく大切です。

 

やめっぱなしでは、決してよくないものもありますから。

 

逆に、もう完全にやめてしまうようなものもあるでしょう。

 

小学校受験に取り組んでいると、どうしても新しいものに目が奪われてしまいます。

 

新しいものは魅力的にうつります。

新しいものは、今の現状を変えてくれそうな気がします。

 

しかし、今までコツコツ続けてきたものこそが、今のお子さまの土台となっています。

 

倦まず弛まず続けてきたことが、「継続する力」や「忍耐力」、「習慣の力」を養ってくれたのです。

 

 

【結論】

 

新しいものは、取り入れてもいい。

というよりも、取り入れるべきです。

取り入れて、試してみる必要があります。

 

しかし、やめるものと減らすものも決めておきます。

 

やめたものも減らしたものも、復活時期を忘れないようにしておきます。

ここが肝心です。

 

やり方がわからなくなった時、何を減らすべきか思い悩むとき、

どうか、相談にのらせてください。

 

 

【最後に】

 

遊ぶ時間と休む時間

これらは、減らさないように工夫してみてください。

 

特に、受験という長丁場を乗り切る体力を養う今の時期に、睡眠時間を減らすことだけは避けるようにしましょう。